国盗り物語〈2〉斎藤道三〈後編〉 改版 (新潮文庫) [文庫]
    • 国盗り物語〈2〉斎藤道三〈後編〉 改版 (新潮文庫) [文庫]

    • ¥88027ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2021年10月22日金曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009001008884

国盗り物語〈2〉斎藤道三〈後編〉 改版 (新潮文庫) [文庫]

  • 5.0
価格:¥880(税込)
ポイント:27ポイント(3%還元)(¥27相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2021年10月22日金曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:新潮社
販売開始日: 2004/01/20
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

国盗り物語〈2〉斎藤道三〈後編〉 改版 (新潮文庫) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    気運が来るまで気長く待ちつつ準備する者が智者。気運が来るや、それをつかんでひと息に駆けあがる者が英雄。―それが庄九郎の信念であった。そして庄九郎こそ、智者であり英雄だった。内紛と侵略に明け暮れる美濃ノ国には英雄の出現は翹望する気運が満ちていた。“蝮”の異名にふさわしく、周到に執拗に自らの勢力を拡大し、ついに美濃の太守となった斎藤道三の生涯。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    司馬 遼太郎(シバ リョウタロウ)
    1923‐1996。大阪市生れ。大阪外語学校蒙古語科卒。産経新聞文化部に勤めていた’60(昭和35)年、『梟の城』で直木賞受賞。以後、歴史小説を一新する話題作を続々と発表。’66年に『竜馬がゆく』『国盗り物語』で菊池寛賞を受賞したのを始め、数々の賞を受賞。’93年には文化勲章を受章。“司馬史観”とよばれる自在で明晰な歴史の見方が絶大な信頼をあつめるなか、’71年開始の『街道をゆく』などの連載半ばにして急逝。享年72

国盗り物語〈2〉斎藤道三〈後編〉 改版 (新潮文庫) の商品スペック

商品仕様
出版社名:新潮社
著者名:司馬 遼太郎(著)
発行年月日:2004/01/20
ISBN-10:4101152055
ISBN-13:9784101152059
判型:文庫
対象:一般
発行形態:文庫
内容:日本文学小説
言語:日本語
ページ数:411ページ
縦:15cm
横:11cm
厚さ:2cm
重量:249g
その他:斎藤道三 後編
他の新潮社の書籍を探す

    新潮社 国盗り物語〈2〉斎藤道三〈後編〉 改版 (新潮文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!