きいちのぬりえ 昭和の暮らし編(大判シリーズ) [単行本]
    • きいちのぬりえ 昭和の暮らし編(大判シリーズ) [単行本]

    • ¥73322ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
100000009001009283

きいちのぬりえ 昭和の暮らし編(大判シリーズ) [単行本]

  • 4.0
価格:¥733(税込)
ポイント:22ポイント(3%還元)(¥22相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:小学館
販売開始日: 2012/02/03
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

きいちのぬりえ 昭和の暮らし編(大判シリーズ) [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    「デコぬりえ」で広がるきいちワールド。色をぬり終えた後、その上に布や毛糸、シールやさまざざまな装飾品をはってデコレーションするのが「デコぬりえ」です。
  • 内容紹介

    新感覚の「デコぬりえ」にもぴったり!

    2005年から刊行が始まった「大判シリーズ きいちのぬりえ」は、新刊『昭和の暮らし編』『おしゃれ編』(同時発売)を数えて14冊めに突入。昭和を代表するぬりえ作家・蔦谷喜一の描く少女絵の世界は、大胆な主線で塗りやすく、時代を映し出すアイテムが満載です。
    新刊『昭和の暮らし編』では、その名の通り、昭和の暮らしを思い起こさせるシーンがいっぱい。障子貼りに色水遊び、すごろくに蚊帳吊り……さらに塗るだけでなく、“切る・貼る”作業でぬりえをデコレーションする「デコぬりえ」のやり方も紹介。お手本を示しながら、ディスカウントストアで購入できるお手頃な手芸小物(布・毛糸・シールなど)を使って“ぬりえを盛る”方法をカラーでわかりやすく教えます。

    図書館選書
    昭和を代表する作家、蔦谷喜一の懐かしくてかわいいぬりえに心はほっこり、脳はイキイキ! ビーズやレースなどの身近なものを貼る新感覚の「デコぬりえ」で、きいちの世界がさらにひろがります。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    蔦谷 喜一(ツタヤ キイチ)
    大正3年(1914)、東京・京橋区(現・中央区)生まれ。17歳で日本画に目覚め、川端画学校などに学ぶ。20代半ばからぬりえを描き始め、戦後、彼の描く「きいちのぬりえ」は大ブームとなる。その後、三頭身の少女絵は、ポスターやテレビCM等にも起用された。晩年は風景画や美人画でも才能を発揮し、制作活動は、平成17年(2005)に91歳で没するまで続けられた

きいちのぬりえ 昭和の暮らし編(大判シリーズ) [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:小学館
著者名:蔦谷 喜一(著)
発行年月日:2012/02/06
ISBN-10:4096821101
ISBN-13:9784096821107
判型:規大
対象:一般
発行形態:単行本
内容:絵画・彫刻
言語:日本語
ページ数:1冊
縦:30cm
他の小学館の書籍を探す

    小学館 きいちのぬりえ 昭和の暮らし編(大判シリーズ) [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!