科学でわかる男と女になるしくみ―ヒトの性は、性染色体だけでは決まらない(サイエンス・アイ新書) [新書]

販売休止中です

    • 科学でわかる男と女になるしくみ―ヒトの性は、性染色体だけでは決まらない(サイエンス・アイ新書) [新書]

    • ¥1,04732ポイント(3%還元)
100000009001012987

科学でわかる男と女になるしくみ―ヒトの性は、性染色体だけでは決まらない(サイエンス・アイ新書) [新書]

  • 4.0
価格:¥1,047(税込)
ポイント:32ポイント(3%還元)(¥32相当)
日本全国配達料金無料
出版社:SBクリエイティブ
販売開始日: 2011/12/17
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

科学でわかる男と女になるしくみ―ヒトの性は、性染色体だけでは決まらない(サイエンス・アイ新書) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    心と体の性はいつ、どのように決まるのか!?男と女はどれくらい違っていて、どれくらい似かよっているのか。男女の違いは、どのように生まれるのか。ヒトの性は、男と女の2つに分かれるものではなく、インターセクシュアルや性同一性障害の人など、現実の性の幅は広くて、そこに至る道筋、受精卵から私たち1人ひとりへの旅路、その複雑さを実感。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 心の性を決めるもの(心の性
    心の性はいつ、どんな要因によって決まるのか? ほか)
    第2章 心の性の発達のしくみ(ほ乳類の性分化のしくみ―どのようにオスやメスの体や脳ができるのか
    性分化の臨界期 ほか)
    第3章 男女差の発達:生まれと育ちと(男女の違いは、男女の平均の違い
    男と女、どれだけ違って、どれだけ似てる? ほか)
    第4章 さまざまな体の性(ヒトの体の性はさまざま
    男女の体つきの違い ほか)
    第5章 体の性の発達のしくみ(2段階で進むヒトの胎児の性分化
    ヒトの胎児が男と女に分かれ始めるのは、いつ? ほか)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    麻生 一枝(アソウ カズエ)
    横浜生まれ。お茶の水女子大学理学部数学科卒業、オレゴン州立大学動物学科卒業、プエルトリコ大学海洋生物学修士、ハワイ大学動物学博士。専門は動物生態学、動物行動生態学。守備範囲は広く、基礎生物学、生態学、動物行動学、生物統計学、科学英語をこなす。2011年10月より、長浜バイオ大学英語専任准教授マルマル

科学でわかる男と女になるしくみ―ヒトの性は、性染色体だけでは決まらない(サイエンス・アイ新書) の商品スペック

商品仕様
出版社名:ソフトバンククリエイティブ
著者名:麻生 一枝(著)
発行年月日:2011/12/25
ISBN-10:4797362103
ISBN-13:9784797362107
判型:B6
対象:一般
発行形態:新書
内容:生物学
ページ数:213ページ
縦:18cm
他のSBクリエイティブの書籍を探す

    SBクリエイティブ 科学でわかる男と女になるしくみ―ヒトの性は、性染色体だけでは決まらない(サイエンス・アイ新書) [新書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!