徒然草(ちくま学芸文庫) [文庫]
    • 徒然草(ちくま学芸文庫) [文庫]

    • ¥1,65050ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2019年10月20日日曜日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
数量:
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009001016175

徒然草(ちくま学芸文庫) [文庫]

兼好(著)島内 裕子(校訂・訳)
価格:¥1,650(税込)
ポイント:50ポイント(3%還元)(¥50相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2019年10月20日日曜日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:筑摩書房
販売開始日:2010/04/09
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 4315位

徒然草(ちくま学芸文庫) [文庫] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    後悔せずに生きるには、毎日をどう過ごせばよいか。「思索する読書人」兼好が自由な心で書き綴った珠玉の随筆。独創的な断章スタイルは精神の運動を活発にさせ、生きられる時間の短さに警鐘を打ち鳴らす記述と、柔軟でユーモアに富む記述とを自在に往還する。明晰な言語感覚と、全方位に開かれた視界。この世の全てを相対化し、虚無の陥穽から身を翻す兼好。そこから新しい『徒然草』の顔が見えてくる。振舞いと心遺いが文化の本質であり、いまを生きる喜びこそが虚無をも越える最良の手段なのだ。混迷する現代にあって、大人ゆえにいま味わえる人生の達人の文学を、流麗な訳文と新校訂原文で構成。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    徒然なるままに
    いでや、この世に
    古の聖の御代の
    万にいみじくとも
    後の世の事、心に忘れず
    不幸に、愁へに沈める人
    我が身のやんごと
    化野の露、消ゆる時無く
    世の人の心惑はす事
    女は、髪のめでたからん〔ほか〕
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    兼好(ケンコウ)
    1283年頃‐1352年頃。鎌倉時代末期から南北朝にかけての激動期を生きた文学者。神道の家柄である卜部家の出身。若き日に後二条天皇に仕えたが、三十歳頃までに出家。無常の認識と人生の生き方を、とらわれのない目で綴った『徒然草』は、日本文学史上屈指の名品。また、歌人としても活動して、「和歌四天王」の名声を博す。晩年は、古典の書写にも名筆を揮った

    島内 裕子(シマウチ ユウコ)
    1953年生まれ。東京大学文学部国文学科卒業。同大学院修了。博士(文学)。放送大学教授

徒然草(ちくま学芸文庫) [文庫] の商品スペック

商品仕様
出版社名:筑摩書房
著者名:兼好(著)/島内 裕子(校訂・訳)
発行年月日:2010/04/10
ISBN-10:4480092862
ISBN-13:9784480092861
判型:文庫
対象:一般
発行形態:文庫
内容:日本文学評論・随筆
ページ数:494ページ
縦:15cm

    筑摩書房 徒然草(ちくま学芸文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!