最適モデルによるインストラクショナルデザイン―ブレンド型eラーニングの効果的な手法 [単行本]
    • 最適モデルによるインストラクショナルデザイン―ブレンド型eラーニングの効果的な手法 [単行本]

    • ¥2,09063ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2021年10月20日水曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009001016388

最適モデルによるインストラクショナルデザイン―ブレンド型eラーニングの効果的な手法 [単行本]

鄭 仁星(編著)久保田 賢一(編著)鈴木 克明(編著)
価格:¥2,090(税込)
ポイント:63ポイント(3%還元)(¥63相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2021年10月20日水曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:東京電機大学出版局
販売開始日: 2008/05/01
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

最適モデルによるインストラクショナルデザイン―ブレンド型eラーニングの効果的な手法 の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    ID専門家でない学校教師や大学講師を対象にしたIDモデルの入門書。インストラクショナルデザイン(Instructional Design:ID)とは何だろうか。インストラクショナルデザイン(ID)について、何がわかっているのか。優れたブレンド型eラーニングの環境をどう設計したらよいのだろうか。の3つの質問に対してわかりやすく解説。
  • 目次

    第1章 インストラクショナルデザイン(ID)とは何か?
     1.1 アメリカにおけるIDの捉え方
     1.2 日本でのIDの捉え方
     1.3 eラーニングのためのID-考慮すべき重要な点
    第2章 IDモデル
     2.1 学習理論の3つのアプローチ
     2.2 学習理論からID理論へ
     2.3 教授システムと学習環境
     2.4 アプローチの違いから見る目標設定と課題分析
     2.5 様々なIDモデル
     2.6 まとめ-基本的な前提と折衷主義
    第3章 OPTIMALモデル-ブレンド型eラーニングへの実践的で簡単なアプローチとして
     3.1 OPTIMALモデルの4つの特徴
     3.2 OPTIMALモデルの概要
     3.3 マクロデザイン
     3.4 マイクロデザイン
     3.5 LMSへの統合
     3.6 OPTIMALモデルを用いたeラーニング事例
    第4章 マクロデザイン-目標・プロトタイピング・試行
     4.1 学習目標
     4.2 プロトタイピング
     4.3 試行する
    第5章 マイクロデザイン-双方向性・教材・メディア要素
     5.1 Webを基盤としたeラーニングの特性
     5.2 双方向性のデザイン
     5.3 教材のデザイン
     5.4 メディア要素のデザイン
    第6章 LMSへの統合
     6.1 LMS紙上体験
     6.2 LMSとは何か
     6.3 オープンソースLMSとは
     6.4 LMSにはどんな機能があるか
     6.5 LMSに学習コンテンツを実装するときの留意点
    第7章 日本でのブレンド型eラーニング実践事例
     7.1 教育番組と連動した「おこめ」の総合学習
     7.2 大学におけるeラーニング実践-大教室で行う講義
     7.3 大学におけるeラーニング実践-少人数の映像制作実習
     7.4 教員研修におけるeラーニング実践
    第8章 海外でのeラーニング実践事例
     8.1 医学教育のeラーニング「SimTiki」(アメリカ)
     8.2 オープンユニバーシティのeラーニング実践(イギリス)
     8.3 教員研修におけるeラーニング(中国)
    参考文献
    あとがき
    索引
    編者紹介・執筆者一覧
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    鄭 仁星(テイ ジンセイ)
    国際基督教大学教養学部教授。1959年韓国ソウル生まれ。ソウル大学(教育学科)、米国インディアナ大学大学院教育学研究科修了、Ph.D.(教授システム工学)。韓国放送通信大学助教授、梨花女子大学副教授などを経て2003年より現職

    久保田 賢一(クボタ ケンイチ)
    関西大学総合情報学部教授。1949年神奈川県横浜市生まれ。中央大学理工学部卒業後、高校教師。その後、青年海外協力隊に参加し、フィリピン工科大学へ派遣。インディアナ大学大学院教育学研究科修了、Ph.D.(教授システム工学)。JICA沖縄国際センター視聴覚技術コース主任インストラクター、インディアナ大学視聴覚センター研究員などを経て1998年より現職。日本教育メディア学会副会長、日本教育工学会評議員

    鈴木 克明(スズキ カツアキ)
    熊本大学大学院社会文化科学研究科教授・教授システム学専攻長。1959年千葉県市川市生まれ。国際基督教大学教養学部、同大学大学院修士課程を経て米国フロリダ州立大学大学院教育学研究科博士課程修了、Ph.D.(教授システム学)。東北学院大学教養学部助教授、岩手県立大学ソフトウェア情報学部教授などを経て、2006年4月より現職。放送大学大学院客員教授、東北大学大学院非常勤講師、日本教育工学会・日本教育メディア学会理事、日本イーラーニングコンソシアム名誉会員などを務める

最適モデルによるインストラクショナルデザイン―ブレンド型eラーニングの効果的な手法 の商品スペック

商品仕様
出版社名:東京電機大学出版局
著者名:鄭 仁星(編著)/久保田 賢一(編著)/鈴木 克明(編著)
発行年月日:2008/04/30
ISBN-10:4501543906
ISBN-13:9784501543907
判型:A5
対象:専門
発行形態:単行本
内容:教育
言語:日本語
ページ数:157ページ
縦:21cm
他の東京電機大学出版局の書籍を探す

    東京電機大学出版局 最適モデルによるインストラクショナルデザイン―ブレンド型eラーニングの効果的な手法 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!