生きる力をつちかう言葉―言語的マイノリティーが"声を持つ"ために [単行本]
    • 生きる力をつちかう言葉―言語的マイノリティーが"声を持つ"ために [単行本]

    • ¥1,98060ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
100000009001017503

生きる力をつちかう言葉―言語的マイノリティーが"声を持つ"ために [単行本]

田中 望(編著)春原 憲一郎(編著)山田 泉(編著)
価格:¥1,980(税込)
ポイント:60ポイント(3%還元)(¥60相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:大修館書店
販売開始日: 2012/03/01
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

生きる力をつちかう言葉―言語的マイノリティーが"声を持つ"ために の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    言語的マイノリティーという境遇に置かれたがゆえに言葉との苦闘を余儀なくされた人々。彼らの歩みや、苦楽を共にした人々の証言が、人を動かし、社会を変えるパワーを秘めた言葉の力を根源的なところから再認識させる。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    奪われた文字とコトバを奪い返す(高野さんとの出会い
    満州での底辺生活 ほか)
    越境者にとっての母語と読み書き(言葉を操る力の本質をどこに求めるか
    オモニにとっての文字 ほか)
    弱さがもたらす豊かなコミュニティー―浦河べてるの家の降りていく挑戦(新米ソーシャルワーカーとして人間関係で苦闘
    べてるの家設立、自然体で暮らせるコミュニティーを目指す ほか)
    聴覚障害者にとっての真の言葉とは(マイノリティーが「声を持つ」とは
    聞こえない子どもたちをとりまく状況と医療の問題 ほか)
    鼎談「自分の声を持つ」ということ(言語的マイノリティーが「声を持つ」とは
    マジョリティーへの同化を超えて ほか)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    田中 望(タナカ ノゾミ)
    立教大学異文化コミュニケーション学部教授。専門は言語多文化学で、内外のマイノリティーがかかえる問題に言語との関わりで幅広く取り組んでいる

    春原 憲一郎(ハルハラ ケンイチロウ)
    海外技術者研修協会理事兼AOTS日本語教育センター長。海外からの技術研修生や医療・福祉従事者への日本語教育に携わるほか、地域社会における多言語・多文化問題にも取り組んでいる

    山田 泉(ヤマダ イズミ)
    法政大学キャリアデザイン学部教授。外国人に対する日本語教育のほか、ニューカマーと呼ばれる人々とその子どもたちの支援活動にも携わっている

生きる力をつちかう言葉―言語的マイノリティーが"声を持つ"ために の商品スペック

商品仕様
出版社名:大修館書店
著者名:田中 望(編著)/春原 憲一郎(編著)/山田 泉(編著)
発行年月日:2012/03/01
ISBN-10:4469213365
ISBN-13:9784469213362
判型:B6
対象:専門
発行形態:単行本
内容:教育
ページ数:245ページ
縦:19cm
他の大修館書店の書籍を探す

    大修館書店 生きる力をつちかう言葉―言語的マイノリティーが"声を持つ"ために [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!