文学力の挑戦―ファミリー・欲望・テロリズム [単行本]
    • 文学力の挑戦―ファミリー・欲望・テロリズム [単行本]

    • ¥4,180251ポイント(6%還元)
    • 在庫あり2024年5月21日火曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009001017887

文学力の挑戦―ファミリー・欲望・テロリズム [単行本]

価格:¥4,180(税込)
ポイント:251ポイント(6%還元)(¥251相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年5月21日火曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:研究社
販売開始日: 2012/06/04
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

文学力の挑戦―ファミリー・欲望・テロリズム [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    フェミニズム、セクシュアリティ研究をはじめとする現代の思想界に大きな影響を与えた竹村和子(1954‐2011)。その思想は専門である英語圏文学研究をつうじ育まれた。アメリカ文学を中心に、生前に発表した論文、講演から、著者の厳選による、初の文学論の単著。物語の可能性、文学研究の可能性に向けて。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    母なき娘はヒロインになるか―孤児物語のポストファミリー
    子どもの認知とポストファミリー―「パールの使命は果たされた」のか?
    親族関係のブラック/ホワイトホール―ウィリアム・フォークナー『アブサロム、アブサロム!』を乱交的に読む
    別れる理由、あるいは別離という生―シリーズとしてのレズビアン・パルプフィクション
    ミスター・アンド・ミセス・ダロウェイ―二つのテクストの「沈黙」が交差するところ
    “テロリストの身体”のその後―『カサマシマ公爵夫人』の終わり方
    「戦場」としての身体―グローリア・アンザルデュアにおける読むことができないことの未来
    対抗テロリズム小説は可能か―『マオ2』(一九九一年)から『星々の生まれるところ』(二〇〇五年)へ
    虎穴に入れば…―“フェミニズム・文学・批評”の誕生と死
    ジェンダー・レトリックと反知性主義
    ある学問のルネサンス?―英(語圏)文学をいま日本で研究すると
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    竹村 和子(タケムラ カズコ)
    1954年生まれ。元・お茶の水女子大学大学院教授。専門は、英語圏文学、批評理論、フェミニズム思想。2011年12月に逝去

文学力の挑戦―ファミリー・欲望・テロリズム [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:研究社
著者名:竹村 和子(著)
発行年月日:2012/05/31
ISBN-10:4327481610
ISBN-13:9784327481612
判型:B6
対象:専門
発行形態:単行本
内容:外国文学その他
ページ数:350ページ
縦:20cm
他の研究社の書籍を探す

    研究社 文学力の挑戦―ファミリー・欲望・テロリズム [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!