太陽系はここまでわかった(文春文庫) [文庫]
    • 太陽系はここまでわかった(文春文庫) [文庫]

    • ¥90027ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2020年2月26日水曜日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009001018703

太陽系はここまでわかった(文春文庫) [文庫]

価格:¥900(税込)
ポイント:27ポイント(3%還元)(¥27相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2020年2月26日水曜日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:文藝春秋
販売開始日:2011/04/08
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 672223位

太陽系はここまでわかった(文春文庫) [文庫] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    地球外生命体へのメッセージを携えたヴォイジャーから30年。地球は、太陽系でただひとつの生命を抱える惑星と思われていた。しかしこの10年での探査機による調査は、長足の進歩を遂げ、驚くべき事実を続々と伝えている。米ソの宇宙開発競争から日本の「はやぶさ」に至るまで太陽系探査をわかりやすく紹介する。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 太陽―闇と光
    第2章 水星―異端者
    第3章 金星―摂氏五〇〇度の温室
    第4章 地球そして月―海の魔術
    第5章 火星―火星年代記
    第6章 小惑星―外へ向かう衝動
    第7章 木星―宇宙の目
    第8章 土星―無限の環
    第9章 天王星と海王星―巨大惑星のハーモニー
    第10章 冥王星とカイパーベルト―ターミネーション・ショック
  • 出版社からのコメント

    木星の衛星に水があった。生命の可能性も? 20世紀から始まる太陽系惑星探査の歴史を辿り、近年の驚くべき宇宙研究の進歩を紹介
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    コーフィールド,リチャード(コーフィールド,リチャード/Corfield,Richard)
    1962年生まれ。イギリス放送大学地球惑星宇宙天文研究センター客員上級講師研究員。イギリス・オックスフォードシャー在住。サイエンスライターとしても活躍し、講演活動や番組制作、メディアへの出演も多い

    水谷 淳(ミズタニ ジュン)
    翻訳家。東京大学理学部卒

太陽系はここまでわかった(文春文庫) [文庫] の商品スペック

商品仕様
出版社名:文藝春秋
著者名:リチャード コーフィールド(著)/水谷 淳(訳)
発行年月日:2011/04/10
ISBN-10:4167651734
ISBN-13:9784167651732
判型:文庫
対象:一般
発行形態:文庫
内容:外国文学その他
言語:日本語
ページ数:375ページ
縦:16cm
その他: 原書名: LIVES OF THE PLANETS:A NATURAL HISTORY OF THE SOLAR SYSTEM〈Corfield,Richard〉

    文藝春秋 太陽系はここまでわかった(文春文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!