殺人者はそこにいる―逃げ切れない狂気、非情の13事件(新潮文庫) [文庫]
    • 殺人者はそこにいる―逃げ切れない狂気、非情の13事件(新潮文庫) [文庫]

    • ¥60519ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2019年12月12日木曜日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009001019021

殺人者はそこにいる―逃げ切れない狂気、非情の13事件(新潮文庫) [文庫]

価格:¥605(税込)
ポイント:19ポイント(3%還元)(¥19相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2019年12月12日木曜日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:新潮社
販売開始日:2002/02/28
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 60307位

殺人者はそこにいる―逃げ切れない狂気、非情の13事件(新潮文庫) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    屠られた者たちは、その刹那、眼前に何を見たのか。あの殺人鬼たちはどこへ消えたのか…。市民という仮面の下で、人間の業深き本性が嗤う。男と女の情痴殺人から、自壊していく家族の惨劇、どす黒い邪欲に溺れた鬼畜の凶行、さらに、ほくそ笑む凶徒の姿が見え隠れする未解決事件―。隣人が羅刹と化す恐怖、突然襲う不条理。「新潮45」誌上で大反響を呼んだ、傑作ノンフィクション集。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1部 「未解決事件」の死角で殺人鬼が息を潜める(「少年法」の闇に消えたうたかたの家族―西宮「森安九段」刺殺事件
    切断された「二十七の肉塊」は何を語る―井の頭公園「バラバラ」殺人事件
    覆せない「物語」、最重要容疑者は何故釈放された―京都「主婦首なし」殺人事件
    「行きずりかストーカーか」、見過ごされた殺意―柴又「上智大生」殺人放火事件)
    第2部 修羅たちは静かに頭を擡げ出す(「無期懲役」で出所した男の憎悪の矛先―熊本「お礼参り」連続殺人事件
    切り裂かれた腹部に詰め込んだ「受話器と人形」―名古屋「臨月妊婦」殺人事件)
    第3部 暗き欲望の果てを亡者が彷徨う(封印された「花形行員」の超弩級スキャンダル―埼玉「富士銀行行員」顧客殺人事件
    警察を煙に巻いたホストと女子大生の「ままごと」―札幌「両親」強盗殺人事件
    「自殺実況テープ」の出してはいけない中身―葛飾「社長一家」無理心中事件)
    第4部 男と女は深き業に堕ちて行く(崩壊した夫婦の黒き情欲の陰で「微笑む看護婦」―つくば「エリート医師」母子殺人事件
    「完黙の女」は紅蓮の炎を見つめた―札幌「社長令息」誘拐殺害事件
    現場で「異常性交」をした二十歳の自爆と再生―世田谷「青学大生」殺人事件
    「売春婦」ばかりを狙った飽くなき性欲の次の獲物―広島「タクシー運転手」連続四人殺人事件)

殺人者はそこにいる―逃げ切れない狂気、非情の13事件(新潮文庫) の商品スペック

商品仕様
出版社名:新潮社
著者名:「新潮45」編集部(編)
発行年月日:2002/03/01
ISBN-10:4101239134
ISBN-13:9784101239132
判型:文庫
対象:一般
発行形態:文庫
内容:日本文学評論・随筆
ページ数:316ページ
縦:16cm

    新潮社 殺人者はそこにいる―逃げ切れない狂気、非情の13事件(新潮文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!