考えない練習(小学館文庫) [文庫]
    • 考えない練習(小学館文庫) [文庫]

    • ¥60719ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
100000009001019609

考えない練習(小学館文庫) [文庫]

価格:¥607(税込)
ポイント:19ポイント(3%還元)(¥19相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:小学館
販売開始日: 2012/03/06
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

考えない練習(小学館文庫) [文庫] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    「イライラ」「不安」は、練習で直せる。考えすぎて、悩みがつきない私たちに必要なものは、もっと「五感」を大切にする生活。それは決して難しいことではなく、ちょっとしたコツの習得で可能になる。ここではその方法(練習)を気鋭の僧侶が余すことなく語りかける。極めて実践的と評判の心のトレーニングで、不安のない日常を手にしよう。さらに、脳研究者・池谷裕二さんとの「脳と心の不思議な関係」と題した対談も収録。単行本は発売と同時に、新聞、雑誌、テレビなど数々のメディアで絶賛され、累計三十万部を突破する。ついに待望の文庫化で、完全保存版誕生。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 思考という病―考えることで、人は「無知」になる
    第2章 身体と心の操り方―イライラや不安をなくす練習(話す;聞く;見る;書く/読む;食べる;捨てる;触れる;育てる)
    第3章 対談 池谷裕二×小池龍之介―僧侶が脳研究者に聞いた「脳と心の不思議な関係」
  • 内容紹介

    30万部突破のベストセラー、ついに文庫化

    考えすぎて、悩みがつきない私たちに必要なものは、
    もっと「五感」を大切にする生活。
    それは難しいことではなく、ちょっとしたコツの習得で可能になる。

    単行本30万部突破のベストセラーが、ついに待望の文庫化。
    著者の著作のなかでもっとも実践的と評され、
    多くのメディアでいまなお取り上げられ続ける本書で、
    不安のない日常を手にしよう。

    図書館選書
    話題の僧侶による「休脳」のススメ。小池龍之介が五感をいかすトレーニングを指南する。「イライラ」「不安」を練習でなおし、「考えすぎの自分」と、さよならしよう。脳研究者・池谷裕二さんとの激論対談も収録。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    小池 龍之介(コイケ リュウノスケ)
    僧侶。1978年、山口県生まれ。月読寺(東京都)、正現寺(山口県)住職。東京大学教養学部卒。現在は自身の修行のかたわら、月読寺や朝日カルチャーセンターなどで一般向けに坐禅指導を行う

考えない練習(小学館文庫) [文庫] の商品スペック

商品仕様
出版社名:小学館
著者名:小池 龍之介(著)
発行年月日:2012/03/11
ISBN-10:4094087001
ISBN-13:9784094087000
判型:文庫
対象:一般
発行形態:文庫
内容:日本文学評論・随筆
言語:日本語
ページ数:267ページ
縦:15cm
他の小学館の書籍を探す

    小学館 考えない練習(小学館文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!