戦中派闇市日記(小学館文庫) [文庫]
    • 戦中派闇市日記(小学館文庫) [文庫]

    • ¥80625ポイント(3%還元)
    • 在庫あり本日12:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
数量:
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009001019641

戦中派闇市日記(小学館文庫) [文庫]

価格:¥806(税込)
ポイント:25ポイント(3%還元)(¥25相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、本日12:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:小学館
販売開始日:2012/08/03
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 7487位

戦中派闇市日記(小学館文庫) [文庫] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    昭和二十二~二十三年。二十五歳の青年は試験と実習に追われるかたわら前年に書き上げた小説『達磨峠の事件』が入選、人生の大きな転換期を迎えていた。“むずかしい。小説の苦しさを初めて知った。こんなくだらないものでも、頭がヘトヘトになるようだ”江戸川乱歩に宛てた書簡の草稿、占領下での食糧不足、東京裁判の判決、殺到する小説執筆の依頼…青春の只中で未来への道を模索する日々と戦後日本を感性豊かに綴る。医学生から作家・山田風太郎へ。戦後最大の物語作家誕生の記録。『戦中派焼け跡日記』につづく戦後日記シリーズ第二弾。
  • 内容紹介

    医学生作家となった山田風太郎誕生の2年間

    昭和22年~23年。25歳の青年は東京医学専門学校(現在の東京医科大学)で試験と実習に追われる傍ら、前年書き上げて探偵小説専門誌に投稿した『達磨峠の事件』が入選、人生の大きな転換期を迎えていた。
    〈むずかしい。小説の苦しさを初めて知った(昭和22年3月30日)〉
    〈新憲法施行の祝日だそうな――。冬に逆戻りしたような冷たい雨、風! ザマ見やがれッてんだ。推理小説「歯車」(仮題)構成す、『植物性神経外科』読(昭和22年5月3日)〉
    〈朝、江戸川氏より明元旦午後より夜にかけ遊びに来ぬかとのハガキ来る。ひるごろ、ビヨウキエンキスルとの意の電報来る。この年末の忙しいのに乱歩さん、何をマゴマゴひとりで騒いでいるんじゃ(昭和22年12月31日)〉
    探偵小説の重鎮・江戸川乱歩との交流、氏に宛てた手紙の草稿、食糧不足が続く占領下での日常、東京裁判の判決、殺到する小説執筆の依頼……青春の只中で、作家への道を歩み始めた日々と戦後日本を感性豊かに綴る。医学生・山田誠也から作家・山田風太郎へ――。混乱の渦中に記された、戦後最大の物語作家誕生の記録。『戦中派焼け跡日記』に続く、山田風太郎戦後日記シリーズ第2弾。


    【編集担当からのおすすめ情報】
    著者が医学生として学ぶかたわら執筆しはじめた小説が、次から次へと評価されていく昭和22~23年の2年間、731日の日記がおさめられています。江戸川乱歩氏が中心となった日本探偵作家クラブの発足など、当時の文壇の一端を窺い知る記述に加え、戦後という言葉が聞かれなくなって久しい昨今だからこそ振り返るべき65年前の日常と現実も、25歳の“新人”作家の目を通してリアルに綴られています。

    図書館選書
    医学生・山田誠也から作家・山田風太郎へ――。25歳の青年は試験と実習に追われる傍ら、多くの作品を執筆し、江戸川乱歩ら先輩作家との交流や、本や映画の摂取も夥しい。山田風太郎戦後日記シリーズ第2弾。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    山田 風太郎(ヤマダ フウタロウ)
    1922年、兵庫県生まれ。東京医科大学卒。46年『達磨峠の事件』で作家デビュー。49年に日本探偵作家クラブ賞、97年に菊池寛賞、2001年に日本ミステリー文学大賞を受賞。『甲賀忍法帖』にはじまる忍法帖シリーズなど著書多数。伝奇小説、推理小説、時代小説、エッセイと幅広いジャンルを執筆。01年7月没

戦中派闇市日記(小学館文庫) [文庫] の商品スペック

商品仕様
出版社名:小学館
著者名:山田 風太郎(著)
発行年月日:2012/08/08
ISBN-10:4094087494
ISBN-13:9784094087499
判型:文庫
対象:一般
発行形態:文庫
内容:日本文学小説
言語:日本語
ページ数:443ページ
縦:15cm

    小学館 戦中派闇市日記(小学館文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!