敗北を抱きしめて〈下〉第二次大戦後の日本人 増補版 [単行本]
    • 敗北を抱きしめて〈下〉第二次大戦後の日本人 増補版 [単行本]

    • ¥3,19096ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2022年8月23日火曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009001020425

敗北を抱きしめて〈下〉第二次大戦後の日本人 増補版 [単行本]

  • 4.0
価格:¥3,190(税込)
ポイント:96ポイント(3%還元)(¥96相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2022年8月23日火曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:岩波書店
販売開始日: 2004/02/02
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

敗北を抱きしめて〈下〉第二次大戦後の日本人 増補版 の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    敗北を抱きしめながら、日本の民衆が「上からの革命」に力強く呼応したとき、改革はすでに腐蝕し始めていた。身を寄せる天皇をかたく抱擁し、憲法を骨抜きにし、戦後民主改革の巻き戻しに道をつけて、占領軍は去った…新たに増補された多数の図版と本文があいまって、占領下の複雑な可能性に満ちた空間をヴィジュアルに蘇らせる新版。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第4部 さまざまな民主主義(くさびを打ち込む―天皇制民主主義(一);天から途中まで降りてくる―天皇制民主主義(二);責任を回避する―天皇制民主主義(三) ほか)
    第5部 さまざまな罪(勝者の裁き、敗者の裁き;負けたとき、死者になんと言えばいいのか?)
    第6部 さまざまな再建(成長を設計する)
    エピローグ 遺産・幻影・希望
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    ダワー,ジョン(ダワー,ジョン/Dower,John W.)
    1938年生まれ。アマースト大学卒業後、ハーヴァード大学で博士号取得。現在マサチューセッツ工科大学教授

    三浦 陽一(ミウラ ヨウイチ)
    1955年生まれ。一橋大学大学院博士課程修了。中部大学教授。日本現代史専攻

    高杉 忠明(タカスギ タダアキ)
    1952年生まれ。慶応義塾大学大学院博士課程修了。神田外語大学教授。国際関係論専攻

    田代 泰子(タシロ ヤスコ)
    1944年生まれ。国際基督教大学教養学部卒。翻訳家

敗北を抱きしめて〈下〉第二次大戦後の日本人 増補版 の商品スペック

商品仕様
出版社名:岩波書店
著者名:ジョン ダワー(著)/三浦 陽一(訳)/高杉 忠明(訳)/田代 泰子(訳)
発行年月日:2004/01/30
ISBN-10:4000244213
ISBN-13:9784000244213
旧版ISBN:9784000244039
判型:A5
対象:一般
発行形態:単行本
内容:日本歴史
言語:日本語
ページ数:464ページ ※455,9P
縦:22cm
その他: 原書名: EMBRACING DEFEAT:Japan in the Wake of World War 2〈Dower,John W.〉
他の岩波書店の書籍を探す

    岩波書店 敗北を抱きしめて〈下〉第二次大戦後の日本人 増補版 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!