地球温暖化はどれくらい「怖い」か?―温暖化リスクの全体像を探る [単行本]
    • 地球温暖化はどれくらい「怖い」か?―温暖化リスクの全体像を探る [単行本]

    • ¥1,84856ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
100000009001023651

地球温暖化はどれくらい「怖い」か?―温暖化リスクの全体像を探る [単行本]

価格:¥1,848(税込)
ポイント:56ポイント(3%還元)(¥56相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:技術評論社
販売開始日: 2012/04/21
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

地球温暖化はどれくらい「怖い」か?―温暖化リスクの全体像を探る の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    時にセンセーショナルな語られ方をしてしまう「地球温暖化」という問題。そもそも地球温暖化とはどれくらい「怖い」ことなのか?地球温暖化によって世界、そして自分自身にどういう影響があるのか。第一線の研究者たちが、気候、陸や海の生物、水資源、農業、沿岸域、人間の健康問題、その他の各視点から、良い影響も悪い影響もまんべんなく情報提供した。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    序章 なぜ地球温暖化の影響の「全体像」を知るべきか
    第1章 気候への影響
    第2章 陸上の生物への影響
    第3章 海の生物への影響
    第4章 水への影響
    第5章 農業への影響
    第6章 沿岸域への影響
    第7章 健康への影響
    第8章 その他の影響
    終章 温暖化影響の全体像をどう見るか
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    江守 正多(エモリ セイタ)
    1970年神奈川県生まれ。97年東京大学大学院総合文化研究科広域科学専攻博士課程修了。博士(学術)。97年より国立環境研究所勤務。2006年より国立環境研究所地球環境研究センター温暖化リスク評価研究室(現気候変動リスク評価研究室)室長。気候変動に関する政府間パネル(IPCC)第5次評価報告書執筆者。専門は地球温暖化の将来予測とリスク論

地球温暖化はどれくらい「怖い」か?―温暖化リスクの全体像を探る の商品スペック

商品仕様
出版社名:技術評論社
著者名:江守 正多(編著)/気候シナリオ「実感」プロジェクト影響未来像班(編著)
発行年月日:2012/05/25
ISBN-10:4774150355
ISBN-13:9784774150352
判型:B6
対象:専門
発行形態:単行本
内容:天文・地学
ページ数:311ページ
縦:19cm
他の技術評論社の書籍を探す

    技術評論社 地球温暖化はどれくらい「怖い」か?―温暖化リスクの全体像を探る [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!