鶴見俊輔書評集成〈2〉1970-1987 [全集叢書]

販売休止中です

    • 鶴見俊輔書評集成〈2〉1970-1987 [全集叢書]

    • ¥4,950149ポイント(3%還元)
100000009001025201

鶴見俊輔書評集成〈2〉1970-1987 [全集叢書]

価格:¥4,950(税込)
ポイント:149ポイント(3%還元)(¥149相当)
日本全国配達料金無料
出版社:みすず書房
販売開始日: 2007/09/18
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

鶴見俊輔書評集成〈2〉1970-1987 [全集叢書] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    オーウェル、花田清輝、林達夫、丸山真男から野坂・五木・井上ひさしを論じた「冗談音楽の流れ」、滝田ゆう、竹宮恵子の漫画、金時鐘『猪飼野詩集』まで57編。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    1 一九七〇‐一九七九(オーウェルの政治思想―『オーウェル著作集』第一巻(一九七〇)
    動揺するガンジー―エリック・H・エリックソン『ガンジーの真理』(一九七〇)
    義円の母(一九七〇)
    はじめて読んだ本(一九七〇) ほか)
    2 一九八〇‐一九八七(「老い」について考えるための文献(一九八〇)
    イギリス民衆芸術覚書―小野二郎『紅茶を受皿で』(一九八一)
    書物について(一九八一)
    劇学の軽い身ごなし―ケネス・バーク『動機の文法』(一九八二) ほか)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    鶴見 俊輔(ツルミ シュンスケ)
    1922年東京生まれ。哲学者。10代で渡米、1942年、ハーヴァード大学哲学科卒業。同年、日米交換船で帰国。海軍バタビア在勤武官府に軍属として勤務する。日本の敗戦後の1946年5月、武田清子、武谷三男、都留重人、鶴見和子、丸山眞男、渡辺慧とともに雑誌『思想の科学』を創刊、編集事務にあたった。アメリカ哲学の紹介や大衆文化研究のサークル活動をおこないながら、京都大学、東京工業大学、同志社大学で教鞭をとり、1960年には安保改定に反対し市民グループ「声なき声の会」を創設、1965年にはベ平連に参加した。1970年同志社大学教授を辞職。その後は在野で活動をつづけ、現在にいたる。『戦時期日本の精神史』(岩波書店、大佛次郎賞)『夢野久作』(リブロポート、日本推理作家協会賞)など、数多くの著書がある。1994年度朝日賞受賞

鶴見俊輔書評集成〈2〉1970-1987 [全集叢書] の商品スペック

商品仕様
出版社名:みすず書房
著者名:鶴見 俊輔(著)
発行年月日:2007/09/14
ISBN-10:4622073129
ISBN-13:9784622073123
判型:B6
対象:教養
発行形態:全集叢書
内容:日本文学評論・随筆
ページ数:442ページ
縦:20cm
他のみすず書房の書籍を探す

    みすず書房 鶴見俊輔書評集成〈2〉1970-1987 [全集叢書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!