コーポレート・ガバナンスの経営学―会社統治の新しいパラダイム [単行本]
    • コーポレート・ガバナンスの経営学―会社統治の新しいパラダイム [単行本]

    • ¥2,64080ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2022年10月8日土曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009001025438

コーポレート・ガバナンスの経営学―会社統治の新しいパラダイム [単行本]

価格:¥2,640(税込)
ポイント:80ポイント(3%還元)(¥80相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2022年10月8日土曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:有斐閣
販売開始日: 2010/03/31
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

コーポレート・ガバナンスの経営学―会社統治の新しいパラダイム の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    バブル崩壊以降、コーポレート・ガバナンス(会社統治)制度改革が実施されてきた。しかし、それらは必ずしも期待された効果を発揮できず、多くの問題点も露呈している…。株式会社の本質にまで立ち返り、深く広い視野で、改めて日本企業の統治制度のあるべき姿を考える。
  • 目次

    序 章 経営学から論ずるコーポレート・ガバナンス
    第1章 株式会社と会社統治論
    第2章 株式会社の仕組みと会社統治
    第3章 アングロサクソン型の会社統治──米国を中心に
    第4章 ライン型の会社統治──日本を中心に
    第5章 日本の会社統治の過去
    第6章 日本の会社統治の現在──日本が間違った時代
    第7章 コーポレート・ガバナンスと資本コスト
    第8章 コーポレート・ガバナンスと事業投資
    第9章 コーポレート・ガバナンスと資本政策
    第10章 日本企業の会社統治のもう1つの姿──プレイヤーとしての従業員,親会社
    第11章 内部統制と会社統治
  • 出版社からのコメント

    激変する会社制度とガバナンスを,株式会社の基本的な考え方からコーポレート・ファイナンスとも関連づけ,鮮やかに描き出す。
  • 内容紹介

    様々な制度改革,法改正によって日本の株式会社制度とガバナンスは激動の時代を迎えた。その結果,企業経営に何がもたらされてきたのか。株主と会社との関係の意義に立ち戻ってガバナンスの本来の目的を明らかにし有効に機能させるための制度を多角的に考察。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    加護野 忠男(カゴノ タダオ)
    1947年生まれ。1975年、神戸大学大学院経営学研究科博士課程修了。ハーバード・ビジネススクール留学などを経て、神戸大学大学院経営学研究科教授

    砂川 伸幸(イサガワ ノブユキ)
    1966年生まれ。1995年、神戸大学大学院経営学研究科博士前期課程修了。神戸大学経営学部助手、ワシントン大学ビジネススクール客員研究員などを経て、神戸大学大学院経営学研究科教授、京都大学経営管理大学院客員教授

    吉村 典久(ヨシムラ ノリヒサ)
    1968年生まれ。1994年、神戸大学大学院経営学研究科博士後期課程中途退学。シティ大学キャス・ビジネススクール客員研究員などを経て、和歌山大学経済学部教授
  • 著者について

    加護野 忠男 (カゴノ タダオ)
    神戸大学大学院経営学研究科教授

    砂川 伸幸 (イサガワ ノブユキ)
    神戸大学大学院経営学研究科教授

    吉村 典久 (ヨシムラ ノリヒサ)
    和歌山大学経済学部教授

コーポレート・ガバナンスの経営学―会社統治の新しいパラダイム の商品スペック

商品仕様
出版社名:有斐閣
著者名:加護野 忠男(著)/砂川 伸幸(著)/吉村 典久(著)
発行年月日:2010/03/30
ISBN-10:4641163529
ISBN-13:9784641163522
判型:B6
発売社名:有斐閣
対象:教養
発行形態:単行本
内容:経営
言語:日本語
ページ数:340ページ
縦:20cm
他の有斐閣の書籍を探す

    有斐閣 コーポレート・ガバナンスの経営学―会社統治の新しいパラダイム [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!