核燃料サイクル施設の社会学―青森県六ヶ所村(有斐閣選書) [全集叢書]
    • 核燃料サイクル施設の社会学―青森県六ヶ所村(有斐閣選書) [全集叢書]

    • ¥2,64080ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009001025576

核燃料サイクル施設の社会学―青森県六ヶ所村(有斐閣選書) [全集叢書]

価格:¥2,640(税込)
ポイント:80ポイント(3%還元)(¥80相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:有斐閣
販売開始日: 2012/03/09
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

核燃料サイクル施設の社会学―青森県六ヶ所村(有斐閣選書) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    1969年から企図された「むつ小川原開発計画」の「失敗」は、六ヶ所村に核燃料サイクル施設という名の放射性廃棄物の集中をもたらした。1988年以来継続してきた現地調査をもとに、どのような社会的諸問題が生起してきたのか、どのような教訓をくみとるべきなのかを社会学の視点から詳述する。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    序章 むつ小川原開発と核燃料サイクル施設の歴史を解明する視点
    第1章 巨大開発から核燃基地へ
    第2章 開発の性格変容と計画決定のありかたの問題点
    第3章 大規模開発下の地域社会の変容
    第4章 開発による人口・経済・財政への影響と六ヶ所村民の意識
    第5章 原子力エネルギーの難点の社会学的検討―主体・アリーナの布置連関の視点から
    第6章 地域社会と住民運動・市民運動
    第7章 女性の環境行動と青森県の反開発・反核燃運動
    第8章 日本の地域開発史における六ヶ所村開発の位置づけ
    第9章 日本の原子力政策と核燃料サイクル施設
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    舩橋 晴俊(フナバシ ハルトシ)
    法政大学社会学部教授

    長谷川 公一(ハセガワ コウイチ)
    東北大学大学院文学研究科教授

    飯島 伸子(イイジマ ノブコ)
    元東京都立大学人文学部教授、2001年逝去

核燃料サイクル施設の社会学―青森県六ヶ所村(有斐閣選書) の商品スペック

商品仕様
出版社名:有斐閣
著者名:舩橋 晴俊(著)/長谷川 公一(著)/飯島 伸子(著)
発行年月日:2012/03/10
ISBN-10:4641281262
ISBN-13:9784641281264
判型:B6
対象:教養
発行形態:全集叢書
内容:社会
ページ数:400ページ
縦:19cm
他の有斐閣の書籍を探す

    有斐閣 核燃料サイクル施設の社会学―青森県六ヶ所村(有斐閣選書) [全集叢書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!