人生が楽しくなる絵画の見かた―ゴッホ以後の100年をどう見るか 大橋巨泉の美術鑑賞ノート〈5〉 [単行本]
    • 人生が楽しくなる絵画の見かた―ゴッホ以後の100年をどう見るか 大橋巨泉の美術鑑賞ノート〈5〉 [単行本]

    • ¥1,94459ポイント(3%還元)
    • 在庫あり本日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009001026732

人生が楽しくなる絵画の見かた―ゴッホ以後の100年をどう見るか 大橋巨泉の美術鑑賞ノート〈5〉 [単行本]

価格:¥1,944(税込)
ポイント:59ポイント(3%還元)(¥59相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、本日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:ダイヤモンド社
販売開始日:2012/04/14
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 382033位

人生が楽しくなる絵画の見かた―ゴッホ以後の100年をどう見るか 大橋巨泉の美術鑑賞ノート〈5〉 の 商品概要

  • 目次(「BOOK」データベースより)

    人間不在のセザンヌの作品にボクは感動したことがない!
    溢れんばかりの才能を堕落させたゴーギャンの出世欲
    生き急いだ超天才ゴッホ夢は百年後に立派にかなえられている
    「新様式の旗手」といわれたが理論的すぎたかもしれないスーラ
    誰の真似でもない彼だけの芸術を生み出したクリムト
    二十八歳で夭折したシーレは、エロスだけでなく、家並みも美しい
    どんなエロティックなヌードでもモディリアーニの絵はなぜか哀しい
    不幸な容姿になったロートレックを支えたのは「実存主義」だったか!?
    近代絵画の最後の抒情を描いたエコール・ド・パリの「外人」達
    ドイツ表現主義に先んじて独特の世界を生んだ北欧のムンク
    マティスは、絵画の再現性や立体感を拒否し、平面で色彩に語らせた
    一人の女と風景だけを描きつづけたボナールは幸せな「変わりもの」だった
    セックスにつき動かされたピカソは果たして幸せだったろうか
    見るものに謎解きや、勝手に物語をつくらせてくれるホッパーの世界
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    大橋 巨泉(オオハシ キョセン)
    本名・大橋克巳。早稲田大学政治経済学部新聞学科中退。ジャズ評論家、テレビ構成作家を経て、テレビタレントに転身。『11PM』、『クイズダービー』、『世界まるごとHOWマッチ』などヒット番組を数多く手がけた。1990年、セミリタイアを宣言し、日本、カナダ、ニュージーランドなどに家を持ち、季節ごとに住み分ける「ひまわり生活」を送る

人生が楽しくなる絵画の見かた―ゴッホ以後の100年をどう見るか 大橋巨泉の美術鑑賞ノート〈5〉 の商品スペック

商品仕様
出版社名:ダイヤモンド社
著者名:大橋 巨泉(著)
発行年月日:2012/04/12
ISBN-10:4478021201
ISBN-13:9784478021200
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:絵画・彫刻
ページ数:270ページ ※236,34P
縦:20cm

    ダイヤモンド社 人生が楽しくなる絵画の見かた―ゴッホ以後の100年をどう見るか 大橋巨泉の美術鑑賞ノート〈5〉 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!