対談集「気骨」について(新潮文庫) [文庫]
    • 対談集「気骨」について(新潮文庫) [文庫]

    • ¥57218ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2019年12月8日日曜日12:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009001030054

対談集「気骨」について(新潮文庫) [文庫]

価格:¥572(税込)
ポイント:18ポイント(3%還元)(¥18相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2019年12月8日日曜日12:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:新潮社
販売開始日:2006/03/27
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 513100位

対談集「気骨」について(新潮文庫) [文庫] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    私は人間が大好き。これはと思う人に会い、相手の眼を見て、じっくりお話を伺いたい。そして、すてきな人のすてきな話は、私だけでなく、多くの人にも聴いて頂きたい―。話題は、あの戦争から政治、経済そして日常生活まで縦横無尽。だが、そこで交わされる言葉は、いつも人生の流儀と品格を語ってやまず、自然と背筋が伸びる心地がする。気概ある人々が繰り広げる八つの対話。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    戦争、時代、そして人間(澤地久枝)
    特攻指揮官中津留大尉の決断(辺見じゅん)
    いまこそ少しだけ無理をしてみないか(大賀典雄)
    人は経済のみにて生くるにあらず(加島祥造)
    品格ある将の将たる器とは(徳田虎雄)
    いまこそ求められる男の姿(伊集院静)
    きみの流儀・ぼくの流儀(吉村昭)
    私たちが生きた時代(佐野洋・吉村昭)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    城山 三郎(シロヤマ サブロウ)
    1927(昭和2)年、名古屋生れ。海軍特別幹部練習生として終戦を迎えた。一橋大卒業後、愛知学芸大に奉職、景気論等を担当。’57年、『輸出』により文学界新人賞、翌年『総会屋錦城』で直木賞を受け、経済小説の開拓者となる。吉川英治文学賞、毎日出版文化賞受賞の『落日燃ゆ』等、多彩な作品群は幅広い読者を持つ。2002(平成14)年、経済小説の分野を確立した業績で朝日賞を受賞

対談集「気骨」について(新潮文庫) [文庫] の商品スペック

商品仕様
出版社名:新潮社
著者名:城山 三郎(著)
発行年月日:2006/04/01
ISBN-10:410113331X
ISBN-13:9784101133317
判型:文庫
対象:一般
発行形態:文庫
内容:日本文学評論・随筆
ページ数:282ページ
縦:16cm

    新潮社 対談集「気骨」について(新潮文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!