東南アジアから見た近現代日本―「南進」・占領・脱植民地化をめぐる歴史認識 [単行本]
    • 東南アジアから見た近現代日本―「南進」・占領・脱植民地化をめぐる歴史認識 [単行本]

    • ¥7,480225ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009001031366

東南アジアから見た近現代日本―「南進」・占領・脱植民地化をめぐる歴史認識 [単行本]

価格:¥7,480(税込)
ポイント:225ポイント(3%還元)(¥225相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:岩波書店
販売開始日:2012/05/17
ご確認事項:返品不可

東南アジアから見た近現代日本―「南進」・占領・脱植民地化をめぐる歴史認識 の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    日本と東南アジアのあいだの戦前・戦中・戦後関係史を、それぞれ「南進」「占領」「独立と脱植民地化」をキーワードにしながら、いまなお決着していないアジアの近現代史をめぐる歴史認識問題に一石を投じる。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1部 近現代日本・東南アジア関係(近現代日本と東南アジア―日清戦争からサンフランシスコ講和条約まで
    内閣総理大臣東条英機と「南方共栄圏」
    東南アジアの脱植民地化と地域秩序)
    第2部 「大東亜共栄圏」下のインドネシアと日本(植民地としてのインドネシア―日蘭関係史の中で
    戦間期日本のアジア外交と林久治郎―ジャワ軍政顧問として
    インドネシア独立革命と日本外交官―斎藤鎮男「報告書」をめぐって
    ジャカルタ海軍武官府とインドネシア民族主義―前田精をめぐる人間群像
    残留日本兵の戦後誌―クンプル乙戸の足跡)
    第3部 現代のなかの東南アジア占領―「歴史認識」をめぐる葛藤(アジア主義の変遷―大亜細亜協会の言脱を通して
    「解放戦争」史観・「独立貢献」史観の虚妄性
    ポストコロニアルな歴史空間の重層性―インドネシア・オランダ・日本・東ティモール)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    後藤 乾一(ゴトウ ケンイチ)
    1943年東京生まれ、1965年早稲田大学政治経済学部卒、早稲田大学大学院アジア太平洋研究科教授

東南アジアから見た近現代日本―「南進」・占領・脱植民地化をめぐる歴史認識 の商品スペック

商品仕様
出版社名:岩波書店
著者名:後藤 乾一(著)
発行年月日:2012/05/15
ISBN-10:4000258427
ISBN-13:9784000258425
判型:A5
対象:専門
発行形態:単行本
内容:日本歴史
ページ数:369ページ ※363,6P
縦:22cm

    岩波書店 東南アジアから見た近現代日本―「南進」・占領・脱植民地化をめぐる歴史認識 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!