エリック・ホッファー自伝―構想された真実 [単行本]
    • エリック・ホッファー自伝―構想された真実 [単行本]

    • ¥2,37672ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009001032182

エリック・ホッファー自伝―構想された真実 [単行本]

価格:¥2,376(税込)
ポイント:72ポイント(3%還元)(¥72相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:作品社
販売開始日:2002/06/01
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 274648位

エリック・ホッファー自伝―構想された真実 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    失明、孤独、自殺未遂、10年の放浪、そして波止場へ…。つねに社会の最低辺に身を置き、働きながら読書と思索を続け、独学によって思想を築き上げた“沖仲士の哲学者”が綴る情熱的な精神のドラマ。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    失明、母、そして父の死
    子ども部屋から貧民街へ
    オレンジ売り
    運命の極点
    構想された真実
    休暇の終わり
    自殺未遂
    希望ではなく勇気
    サンディエゴへの途上で
    適応しえぬ者たち〔ほか〕
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    ホッファー,エリック(ホッファー,エリック/Hoffer,Eric)
    1902‐83。アメリカの社会哲学者・港湾労働者。ニューヨークのブロンクスにドイツ系移民の子として生まれる。7歳のとき失明し、15歳のとき突然視力が回復。正規の学校教育を一切受けていない。18歳で天涯孤独になった後、ロサンゼルスに渡りさまざまな職を転々とする。28歳のとき自殺未遂を機に季節労働者となり、10年間カリフォルニア州各地を渡り歩く。41年から67年までサンフランシスコで港湾労働者として働きながら、51年に処女作The True Believerを発表し、著作活動に入る。この間、64年から72年までカリフォルニア大学バークレー校で政治学を講じる。つねに社会の最低辺に身を置き、働きながら読書と思索を続け、独自の思想を築き上げた“沖仲士の哲学者”として知られている

    中本 義彦(ナカモト ヨシヒコ)
    1965年、山口県柳井市生まれ。東京外国語大学大学院地域研究研究科修了。カリフォルニア大学サンディエゴ校大学院(91~94年)、ヴァージニア大学大学院(95~98年)留学。現在、静岡大学人文学部助教授。Ph.D.(国際関係論)

エリック・ホッファー自伝―構想された真実 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:作品社
著者名:エリック ホッファー(著)/中本 義彦(訳)
発行年月日:2002/06/05
ISBN-10:4878934735
ISBN-13:9784878934735
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:哲学
ページ数:189ページ
縦:20cm
その他: 原書名: Truth imagined〈Hoffer,Eric〉

    作品社 エリック・ホッファー自伝―構想された真実 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!