くちばし どれが一番りっぱ?(福音館のかがくのほん) [絵本]
    • くちばし どれが一番りっぱ?(福音館のかがくのほん) [絵本]

    • ¥1,32080ポイント(6%還元)
    • 在庫あり2024年5月28日火曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009001032832

くちばし どれが一番りっぱ?(福音館のかがくのほん) [絵本]


お子様に読み聞かせたい絵本、お子様が喜ぶ絵本が盛りだくさん【絵本専門ストア】
お子様に読み聞かせたい絵本、お子様が喜ぶ絵本が盛りだくさん!絵本専門ストアはこちら


ゴールドポイントカード・プラスのクレジット決済で「書籍」を購入すると合計10%ポイント還元!書籍の購入はゴールドポイントカード・プラスのクレジット決済がお得です。
通常3%ポイント還元のところ、後日付与されるクレジット決済ポイント(1%)と特典ポイント(6%)で合計10%ポイント還元!詳しくはこちら

価格:¥1,320(税込)
ポイント:80ポイント(6%還元)(¥80相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年5月28日火曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:福音館書店
販売開始日: 2006/03/17
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

くちばし どれが一番りっぱ?(福音館のかがくのほん) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    がんじょうなくちばし、細長いくちばし、そり返ったくちばし、幅広のくちばし、ひげのあるくちばし、鳥の家をつくるくちばし、するどいくちばし…。さあ、どれが一番りっぱ?薮内正幸のデビュー作(1965年)。大型絵本、新規製版でよみがえる!
  • 出版社からのコメント

    鳥たちがつぎつぎと登場し、くちばしの自慢を始めました。そして、誰のくちばしが一番りっぱか決めるとき……意外な結末が!
  • 内容紹介

    いろいろな鳥が自分のくちばしを自慢しあいます。さあ、だれのくちばしが一番りっぱでしょう? かぼそいくちばしのヒタキにむかって、頑丈なくちばしを自慢する鳥、長いくちばしや幅広のくちばしを自慢する鳥……りっぱなくちばしがぞくぞく登場。鳥のくちばしの不思議さに、わくわくしてきます。そして最後には、あっと驚く結末が待っています。 本書は、ビアンキにも薮内正幸さんにも初めての絵本です。

    図書館選書
    鳥たちが、自分のくちばしの自慢を始めました。すぐれた技がつぎつぎと披露されていきます。一同が勢揃いし、誰のくちばしが一番りっぱか決めるとき、あっと驚く結末が!
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    ビアンキ(ビアンキ/Bianki,Vitalii)
    1894年~1959年。サンクト・ペテルブルグ生まれ。ペテルブルグ大学自然科学部で学ぶ。森の動植物の生態など自然をテーマにした作品を書き、それを文学的に高いレベルまで引きあげた。この分野で活躍する多くの若い作家達を育てあげ、豊かな自然文学の伝統を築いた。300編近い動物文学作品を発表している

    田中 友子(タナカ トモコ)
    1971年、大阪府枚方市生まれ。京都芸術短期大学を卒業後、ロシアに留学し、モスクワ国立映画大学映画理論科を卒業。現在、ロシアの絵本やアニメーション文化の紹介、普及に従事している。「ロシア・グラフィックコーナー」主宰。京都市在住

    薮内 正幸(ヤブウチ マサユキ)
    1940年~2000年。大阪生まれ。出版社勤務を経てフリーランスに。サントリーの愛鳥キャンペーン新聞広告で1973年度朝日広告賞第2部グランプリ、1983年『コウモリ』(福音館書店)で第30回サンケイ児童出版文化賞、1989年『日本の恐竜』(福音館書店)で第9回吉村証子記念日本科学読み物賞受賞
  • 著者について

    ビアンキ
    ビアンキ  作者のビアンキ(1894~1959)は、ロシアの児童文学作家。森の動植物の生態など自然をテーマにした作品を書き、それを文学的に高いレベルまで引き上げ、およそ300近い動物文学作品を発表しています。翻訳には『ビアンキ動物記(全22巻)』(理論社、品切れ)、『きつねとねずみ』(福音館書店)などがあります。

    田中友子 (タナカトモコ)
    田中友子

    薮内正幸 (ヤブウチマサユキ)
    薮内正幸  画家の薮内正幸(1940~ 2000)は、主に野鳥や哺乳動物などを描き、サントリーの愛鳥キャンペーン、サンケイ児童文学出版文化賞などの受賞も多く、たくさんの絵本を発表してきました。主な作品に『どうぶつのおやこ』『しっぽのはたらき』『どうぶつのおかあさん』『野鳥の図鑑』(以上、福音館書店)、『グリックの冒険』『広辞苑』(岩波書店)、『野や山にすむ動物たち』(岩崎書店)『古脊椎動物図鑑』(朝倉書店)などがあります。

くちばし どれが一番りっぱ?(福音館のかがくのほん) の商品スペック

商品仕様
出版社名:福音館書店
著者名:ビアンキ(文)/田中 友子(訳)/薮内 正幸(絵)
発行年月日:2006/03/25
ISBN-10:4834021882
ISBN-13:9784834021882
判型:規大
対象:児童
発行形態:絵本
内容:生物学
言語:日本語
ページ数:28ページ
縦:22cm
横:30cm
厚さ:1cm
重量:370g
その他: 原書名: WHOSE BEAK IS GREATEST?〈Bianki,Vitalii〉
他の福音館書店の書籍を探す

    福音館書店 くちばし どれが一番りっぱ?(福音館のかがくのほん) [絵本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!