カナリア王子―イタリアのむかしばなし(福音館文庫) [新書]
    • カナリア王子―イタリアのむかしばなし(福音館文庫) [新書]

    • ¥71543ポイント(6%還元)
    • 在庫あり2024年5月23日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009001032970

カナリア王子―イタリアのむかしばなし(福音館文庫) [新書]

価格:¥715(税込)
ポイント:43ポイント(6%還元)(¥43相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年5月23日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:福音館書店
販売開始日: 2008/10/09
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

カナリア王子―イタリアのむかしばなし(福音館文庫) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    森の奥の古い城。とじこめられた王女が魔法の本のページをくると、王子は黄色いカナリアとなって、こずえより高く舞い上がる…。イタリアを代表する作家カルヴィーノが、イタリア全土を旅しながら収集し再話した、二百編の民話。その中から恐ろしくも美しい選りすぐりの七編をお届けします。
  • 内容(「BOOK」データベースより)

    カナリア王子;とりごやの中の王子さま;太陽のむすめ;金のたまごをうむカニ;ナシといっしょに売られた子;サルの宮殿;リオンブルーノ
  • 出版社からのコメント

    「民話の宝庫」イタリア全土から、巨匠カルヴィーノが収集し再話した2百編の民話の中から、妖しくも美しい選りすぐりの7編を収録。
  • 内容紹介

    森の奥の古い城。囚われの王女が魔法の本のページをくると、王子は黄色いカナリアとなって、こずえより高く舞い上がる。「民話の宝庫」と呼ばれるイタリア全土を旅しながら、イタリアを代表する作家カルヴィーノが収集し再話した二百編の民話。その中から、魔法でカナリアになった王子と囚われの王女のロマンスを妖しく描く表題作「カナリア王子」ほか、とびっきり不思議で、そして恐ろしくも美しい選りすぐりの七編をお届けします。

    図書館選書
    巨匠カルヴィーノが再話した二百編のイタリア民話の中から、魔法でカナリアになった王子と囚われの王女のロマンスを妖しく描く表題作「カナリア王子」ほか、選りすぐりの七編を。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    カルヴィーノ,イタロ(カルヴィーノ,イタロ/Calvino,Italo)
    1923年、キューバ生まれ。2歳の時、両親とともにイタリアに戻る。1945年に作家デビュー。自身のパルチザンでの体験を元にした長編『くもの巣の小道』で注目を浴びる。寓話的、幻想的な作品を発表する一方で、イタリア全土から採集した民話をまとめた『イタリア民話集』の編纂も手掛けた。1985年没

    安藤 美紀夫(アンドウ ミキオ)
    1930年、京都府京都市生まれ。京都大学文学部イタリア文学科卒。北海道に渡り、高校教師を務める傍ら、イタリア児童文学の研究、翻訳を続け、また自ら創作も手がけた。1990年没

    安野 光雅(アンノ ミツマサ)
    1926年、島根県津和野町生まれ。74年、『ABCの本』、『きりがみ太郎』で芸術選奨文部大臣新人賞受賞。他に国際アンデルセン賞をはじめ、受賞多数。88年、津和野に安野光雅美術館が落成。東京在住
  • 著者について

    イタロ・カルヴィーノ
    イタロ・カルヴィーノ 著者 イタロ・カルヴィーノ1923年、キューバ生まれ。2歳の時、両親とともにイタリアに戻り、20歳までサンレーモで過す。45年に書いた短編小説が、作家チェザーレ・パヴェーゼの目に止まり作家デビュー。47年に自身のパルチザンでの体験を元にした長編『くもの巣の小道』で注目を浴びる。その後、実験的な手法も取り入れた寓話的、幻想的な作品を発表する一方で、イタリア全土から採集した民話をまとめた『イタリア民話集』の編纂も手掛けた。主な著書に『まっぷたつの子爵』、『木のぼり男爵』、『不在の騎士』、『レ・コスミコミケ』、『見えない都市』など。1985年没。

    安藤美紀夫 (アンドウミキオ)
    安藤美紀夫 訳者 安藤美紀夫(あんどう みきお)1930年、京都府京都市生まれ。京都大学文学部イタリア文学科卒。北海道に渡り、高校教師を務める傍ら、イタリア児童文学の研究、翻訳を続け、また自ら創作も手がけた。61年、『白いりす』で、産経児童出版文化賞受賞。他に国際アンデルセン賞国内賞、野間児童文芸賞、日本児童文学者協会賞受賞など受賞多数。74年から日本女子大学教授を務めた。主な著書に『でんでんむしの競馬』、『ポイヤウンベ物語』などがある。また訳書も『マルコヴァルドさんの四季』、『ピノッキオのぼうけん』など多数。1990年没。

    安野光雅 (アンノミツマサ)
    安野光雅 画家 安野光雅(あんの みつまさ)1926年、島根県津和野町生まれ。74年、『ABCの本』、『きりがみ太郎』で芸術選奨文部大臣新人賞受賞。他に国際アンデルセン賞をはじめ、受賞多数。主な著書に『旅の絵本』シリーズ、『ふしぎなえ』、『絵本平家物語』『絵本即興詩人』、『安野光雅の文集』、『故郷へ帰る道』『絵のある人生』などがある。88年、津和野に安野光雅美術館が落成。東京在住。

カナリア王子―イタリアのむかしばなし(福音館文庫) の商品スペック

商品仕様
出版社名:福音館書店
著者名:イタロ カルヴィーノ(再話)/安藤 美紀夫(訳)/安野 光雅(画)
発行年月日:2008/10/15
ISBN-10:4834023885
ISBN-13:9784834023886
判型:B6
対象:児童
発行形態:新書
内容:外国文学小説
言語:日本語
ページ数:195ページ
縦:17cm
横:13cm
厚さ:1cm
重量:200g
その他: 原書名: IL PRINCIPE CANARIO and six other stories〈Calvino,Italo〉
他の福音館書店の書籍を探す

    福音館書店 カナリア王子―イタリアのむかしばなし(福音館文庫) [新書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!