ゲームとパズルの計算量 [単行本]
    • ゲームとパズルの計算量 [単行本]

    • ¥4,950149ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009001034067

ゲームとパズルの計算量 [単行本]

価格:¥4,950(税込)
ポイント:149ポイント(3%還元)(¥149相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:近代科学社
販売開始日: 2011/08/27
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

ゲームとパズルの計算量 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    著者たちは、ゲームやパズルの難しさの背後に隠された、数学的な理論を示している。ゲームやパズルの面白さの理由は、こうした理論によって説明できるのかもしれない。それだけではなく、彼らはゲームやパズルが強力な計算モデルを提供してくれることも示した。これはオートマトンや回路といった通常のモデルとは大きく異なっていて、計算というものについて考えるための新しい方法を与えてくれる。本書の第1部では、ゲームとパズルと計算を結び付けるために著者たちが開発した「制約論理」と呼ばれる単純で、かつ強力なフレームワークを解説する。次に、このフレームワークを人間が実際に楽しんでいるゲームやパズルのいくつかに適用し、それぞれの場合に、そのゲームが同じカテゴリーの別のゲームと計算量的に同程度に難しいことを示す。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    1 一般のゲーム(制約論理の定式化;制約論理ゲーム;0人ゲーム(シミュレーション);1人ゲーム(パズル);2人ゲーム;集団ゲーム;第1部のまとめ)
    2 実際のゲーム(1人ゲーム(パズル);2人ゲーム;第2部のまとめ;おわりに)
    付録(ゲームとその計算量のまとめ;計算量理論;決定性制約論理の具体的な活性化の列;制約論理のクイックリファレンス)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    上原 隆平(ウエハラ リュウヘイ)
    大阪府出身。昭和40年9月7日生まれ。1991年電気通信大学大学院電気通信学研究科博士前期課程情報工学専攻修了。1998年博士(理学)を電気通信大学にて取得(論文博士)。経歴:1991年株式会社キヤノン情報システム研究所研究員。1993年東京女子大学情報処理センター助手。1998年駒澤大学文学部自然科学教室講師。2001年駒澤大学文学部自然科学教室助教授。2004年北陸先端科学技術大学院大学情報科学研究科助教授。2007年北陸先端科学技術大学院大学情報科学研究科准教授

ゲームとパズルの計算量 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:近代科学社
著者名:ロバート・A. ハーン(著)/エリック・D. ドメイン(著)/上原 隆平(訳)
発行年月日:2011/08/31
ISBN-10:476490392X
ISBN-13:9784764903920
判型:A5
対象:専門
発行形態:単行本
内容:工学・工業総記
ページ数:279ページ
縦:23cm
その他: 原書名: Games,Puzzles,&Computation〈Hearn,Robert A.;Demaine,Erik D.〉
他の近代科学社の書籍を探す

    近代科学社 ゲームとパズルの計算量 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!