愛の労働あるいは依存とケアの正義論 [単行本]
    • 愛の労働あるいは依存とケアの正義論 [単行本]

    • ¥4,840146ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2019年10月24日木曜日12:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009001034228

愛の労働あるいは依存とケアの正義論 [単行本]

価格:¥4,840(税込)
ポイント:146ポイント(3%還元)(¥146相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2019年10月24日木曜日12:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:現代書館
販売開始日:2010/08/28
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 257584位

愛の労働あるいは依存とケアの正義論 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    子育て、障碍者介助、病人や高齢者介護など、主に女性たちが担ってきた依存者へのケア労働は、これまで平等や自由の構想から排除されてきた。ロールズに代表される現代の正義論を根底から読みなおし、ケアを受けること/与えることを社会の核としてとらえる、新たな平等の地平を切り拓く。政治思想、法哲学、フェミニズム理論をつなぐ哲学者エヴァ・キテイ著“LOVE’S LABOR”待望の邦訳。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1部 愛の労働―依存は何を要請しているのか(依存と平等の関係
    脆弱性と依存関係の道徳)
    第2部 政治的リベラリズムと人間の依存(平等の前提
    社会的協働の恩恵と負担)
    第3部 みな誰かお母さんの子どもである(政策とケアの公的倫理
    「私のやり方じゃなくて、あなたのやり方でやればいい。セーシャ。ゆっくりとね。」―個人的な語り
    違いのある子どもへの母的思考)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    キテイ,エヴァ・フェダー(キテイ,エヴァフェダー/Kittay,Eva Feder)
    ニューヨーク州立大学ストーニー・ブルック校哲学科教授。ほかに、女性学研究科教授、医学・共感ケア・生命倫理センター長を兼任。専門は、西洋哲学、フェミニスト倫理学、社会思想

    岡野 八代(オカノ ヤヨ)
    同志社大学大学院グローバル・スタディーズ研究科教授。専門は、西洋政治思想、フェミニズム理論

    牟田 和恵(ムタ カズエ)
    大阪大学大学院人間科学研究科教授。専門は、社会学、ジェンダー論

愛の労働あるいは依存とケアの正義論 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:白澤社
著者名:エヴァ・フェダー キテイ(著)/岡野 八代(監訳)/牟田 和恵(監訳)
発行年月日:2010/09/10
ISBN-10:4768479359
ISBN-13:9784768479353
判型:B6
発売社名:現代書館
対象:一般
発行形態:単行本
内容:哲学
ページ数:443ページ
縦:20cm
その他: 原書名: LOVE'S LABOR:Essays on Women,Equality,and Dependency〈Kittay,Eva Feder〉

    現代書館 愛の労働あるいは依存とケアの正義論 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!