二塁手論―現代野球で最も複雑で難しいポジション(幻冬舎新書) [新書]
    • 二塁手論―現代野球で最も複雑で難しいポジション(幻冬舎新書) [新書]

    • ¥79248ポイント(6%還元)
    • 在庫あり2024年5月24日金曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009001037500

二塁手論―現代野球で最も複雑で難しいポジション(幻冬舎新書) [新書]

価格:¥792(税込)
ポイント:48ポイント(6%還元)(¥48相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年5月24日金曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:幻冬舎
販売開始日: 2010/07/30
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

二塁手論―現代野球で最も複雑で難しいポジション(幻冬舎新書) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    飛躍の第一歩は、プロ4年目に守備の花形ショートへのこだわりを捨て、セカンドへ移ったことだった。セカンドの地味ながらも緻致な動きをマスターしたことで、翌年ゴールデングラブ賞を受賞。その結果、偏っていたボディバランスが改善し、低迷する打撃も急上昇、史上3人目の30本塁打・40盗塁を記録。さらに右方向への泥臭いヒットを狙って、打率は8分以上もアップした。そして最終的にワールドシリーズを制覇する名二塁手に成長。先入観をなくし、目標を具体化することが、一流の「スペシャリスト」を生む。目から鱗の成功バイブル。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 「盗塁」という具体的な目標がすべてを変えた(順風満帆だったアマチュア時代
    見失ったバッティングフォーム ほか)
    第2章 セカンドという選択が今の自分を作った(セカンドへのコンバート
    ショートへのこだわりと葛藤 ほか)
    第3章 ホームランより価値のあるポテンヒットがある(たいていのルーキーが直面する問題
    助言に惑わされ続けた日々 ほか)
    第4章 メジャーで学んだ組織における行動理論(1年目で手にしたチャンピオンリング
    シカゴ・ホワイトソックスからの誘い ほか)
    第5章 成功の鍵は、一見地味で目立たない場所に隠されている(夢と欲望を混同しない
    毎日、自分のフォームを見つめ直すこと ほか)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    井口 資仁(イグチ タダヒト)
    1974年12月4日、東京都生まれ。青山学院大学で、東都大学リーグ記録となる二四本塁打を放ち、97年にドラフト一位で福岡ダイエーホークスに入団。2001年、強力打線の三番に定着し、史上三人目の三〇本塁打・四〇盗塁を達成し、四四盗塁で盗塁王を獲得。03年、打率三割四分、二七本塁打、一〇九打点、四二盗塁を記録し、日本一に大きく貢献。05年、シカゴ・ホワイトソックスに入団、ワールドシリーズを制する。その後フィラデルフィア・フィリーズ、サンディエゴ・パドレス、再びフィリーズを経て、09年1月、千葉ロッテマリーンズに入団

二塁手論―現代野球で最も複雑で難しいポジション(幻冬舎新書) の商品スペック

商品仕様
出版社名:幻冬舎
著者名:井口 資仁(著)
発行年月日:2010/07/30
ISBN-10:4344981758
ISBN-13:9784344981751
判型:新書
対象:一般
発行形態:新書
内容:日本文学評論・随筆
ページ数:174ページ
縦:18cm
他の幻冬舎の書籍を探す

    幻冬舎 二塁手論―現代野球で最も複雑で難しいポジション(幻冬舎新書) [新書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!