一杯の紅茶の世界史(文春新書) [新書]
    • 一杯の紅茶の世界史(文春新書) [新書]

    • ¥74823ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2021年4月20日火曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009001038305

一杯の紅茶の世界史(文春新書) [新書]

  • 5.0
価格:¥748(税込)
ポイント:23ポイント(3%還元)(¥23相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2021年4月20日火曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:文藝春秋
販売開始日: 2005/08/19
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

一杯の紅茶の世界史(文春新書) [新書] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    かつてヨーロッパ人にとって中国の不思議な飲み物は、神秘の薬・王侯貴族のステイタスであった。英国人はやがてその茶に二つの種類があることを知る。一つは緑茶、一つはもっと深い色で、見も知らぬ南国のフルーツの香りがした。この茶を求めて、英国は国家経済を揺るがせ、戦争を起こし、ついには世界をまたぐ帝国を築いてゆく…。紅茶誕生の数奇なドラマと、その影の知られざるアジアの真実を追って各地に取材した、紅茶ファン必読の一冊。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 イギリス人、茶を知る
    第2章 紅茶誕生の謎
    第3章 イギリス人、紅茶を買う
    第4章 茶の起源
    第5章 茶馬古道
    第6章 イギリス人、紅茶を飲み続ける
    第7章 イギリス人、紅茶を作る
    第8章 セイロン紅茶の立志伝
    第9章 アメリカの発明品
    第10章 紅茶輸出国と、紅茶消費国
    第11章 イギリス人と紅茶の行方
  • 出版社からのコメント

    ウーロン茶はイギリス人の発明? ラプサンスーチョンとアールグレイの関係は? など紅茶が世界に広まるまでの歴史ドラマと紀行
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    磯淵 猛(イソブチ タケシ)
    1951年愛媛県生まれ。青山学院大学卒業後、商社勤務を経て、1979年紅茶専門店ディンブラを開業。紅茶の輸入、レシピの開発、技術指導、経営アドバイス、紅茶研究の分野で新聞やテレビなどでも活躍

一杯の紅茶の世界史(文春新書) [新書] の商品スペック

商品仕様
出版社名:文藝春秋
著者名:磯淵 猛(著)
発行年月日:2005/08/20
ISBN-10:4166604562
ISBN-13:9784166604562
判型:新書
対象:一般
発行形態:新書
内容:民族・風習
言語:日本語
ページ数:205ページ
縦:18cm
他の文藝春秋の書籍を探す

    文藝春秋 一杯の紅茶の世界史(文春新書) [新書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!