死の猟犬(ハヤカワ文庫―クリスティー文庫) [文庫]
    • 死の猟犬(ハヤカワ文庫―クリスティー文庫) [文庫]

    • ¥99030ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2021年5月18日火曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009001038379

死の猟犬(ハヤカワ文庫―クリスティー文庫) [文庫]

価格:¥990(税込)
ポイント:30ポイント(3%還元)(¥30相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2021年5月18日火曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:早川書房
販売開始日: 2004/02/14
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

死の猟犬(ハヤカワ文庫―クリスティー文庫) [文庫] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    ベルギーの小さな村に侵入したドイツ兵士を、謎の爆発現象で吹き飛ばしたのは聖女と評判の修道女であった。まもなく、彼女は「死の猟犬」について謎めいた話を始めるが…。超自然現象とそれに絡む犯罪を描いた表題作をはじめ、幻想怪奇をテーマにした異色短篇11篇と映画化された名作短篇「検察側の証人」を収録。
  • 内容(「BOOK」データベースより)

    死の猟犬;赤信号;第四の男;ジプシー;ランプ;ラジオ;検察側の証人;青い壺の謎;アーサー・カーマイクル卿の奇妙な事件;翼の呼ぶ声;最後の降霊会;S・O・S
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    クリスティー,アガサ(クリスティー,アガサ/Christie,Agatha)
    1890年、保養地として有名なイギリスのデヴォン州トーキーに生まれる。中産階級の家庭に育つが、のちに一家の経済状況は悪化してしまい、やがてお金のかからない読書に熱中するようになる。特にコナン・ドイルのシャーロック・ホームズものを読んでミステリに夢中になる。1914年に24歳でイギリス航空隊のアーチボルド・クリスティーと結婚し、1920年には長篇『スタイルズ荘の怪事件』で作家デビュー。1926年には謎の失踪を遂げる。様々な臆測が飛び交うが、10日後に発見された。1928年にアーチボルドと離婚し、1930年に考古学者のマックス・マローワンに出会い、嵐のようなロマンスののち結婚した。1976年に亡くなるまで、長篇、短篇、戯曲など、その作品群は100以上にのぼる。現在も全世界の読者に愛読されており、その功績をたたえて大英帝国勲章が授与されている

    小倉 多加志(オグラ タカシ)
    1934年京都大学英文科卒、1991年没、実践女子大学名誉教授、英米文学翻訳家

死の猟犬(ハヤカワ文庫―クリスティー文庫) [文庫] の商品スペック

商品仕様
出版社名:早川書房
著者名:アガサ クリスティー(著)/小倉 多加志(訳)
発行年月日:2004/02/15
ISBN-10:4151300554
ISBN-13:9784151300554
判型:文庫
対象:一般
発行形態:文庫
内容:外国文学小説
ページ数:457ページ
縦:16cm
その他: 原書名: THE HOUND OF DEATH〈Christie,Agatha〉
他の早川書房の書籍を探す

    早川書房 死の猟犬(ハヤカワ文庫―クリスティー文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!