日本語を使う日々 [単行本]
    • 日本語を使う日々 [単行本]

    • ¥1,32040ポイント(3%還元)
    • 在庫あり本日18:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
数量:
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009001039309

日本語を使う日々 [単行本]

価格:¥1,320(税込)
ポイント:40ポイント(3%還元)(¥40相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、本日18:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:小学館
販売開始日:2012/04/07
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 843415位

日本語を使う日々 [単行本] の 商品概要

  • 目次

    ■月夜、スーパーで使う
    ■一筋縄でいってみる
    ■明日、談笑します
    ■苦手な服を買う理由
    ■ごちそう尽きて、ごちそうさま無し
    ■門の外の漢、門の前の子供
    ■勝負師たちの昼食
    ■しょっぴかれて、春
    ■刑事ドラマのあの部屋で
    ■響け熊鈴、そしてハナかむ音
    ■色々学園の艶々先生
    ■弱魔法の夏
    ■駿河湾さわった海はシラス味
    ■ああ、山梨県を見る目の変化
    ■遠足豪、湯河原をゆく
    ■趣味の手ぶら
    ■餅として、糯として
    ■よせる男、その道具
    ■だめだ信号無視!吉原残照
    ■甲子園ですが、ファールボールにご注意を
    ■本当にいたらいやだな汗血馬
    ■猫でできた犬
    ■悲しみと私
    ■中華でいい
    ■サルです。ああ甘い
    ■秋風すっぽこ旅
    ■「観る」も「視る」も「見る」でいい
    ■酒とガンマと男とGTP
    ■あなた、私に隠していることはないですか?
    ■眼病少年とスキヤキ
    ■朝まずめ今頃誰の手に魚
    ■三十文ぐらいの得の朝
    ■鍋と私
    ■だんごラブ!甘じょっぱさよ永遠なれ
    ■ああ、豆の持ちこみ
    ■タコへの疑いが晴れた日
  • 内容紹介

    日本人よ。使え、そして、読め、日本語を!

    日本人だから当たり前のことなのに、あえて“意識的に”、日々、日本語を使い続けた人気漫画家・吉田戦車(日本でイチバン日本語を使う漫画家?)の、なんでもない日常生活のひとこま(4コマ・・・ではなく)。
    あの日本最大にして至高の国語辞典『日本国語大辞典』編集部から発信するニューウェーブ日本語論には賛否両論(?)
    web日本語で3年にわたって連載されたエッセイ『日本語を使う日々』(全36話)に加えて、新たに書き下ろし1編も収録。


    図書館選書
    人気漫画家・吉田戦車が3年にわたって連載していたエッセイ『日本語を使う日々』(全36話)+書き下ろし1編。ありがちな日本語エッセイとは一線を画し、独自の視点で日本語を分析したニューウェーブ日本語論!

日本語を使う日々 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:小学館
著者名:吉田 戦車(著)
発行年月日:2012/04/10
ISBN-10:4093882444
ISBN-13:9784093882446
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:日本文学評論・随筆
言語:日本語
ページ数:237ページ
縦:19cm

    小学館 日本語を使う日々 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!