雷桜(角川文庫) [文庫]
    • 雷桜(角川文庫) [文庫]

    • ¥61619ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2021年4月14日水曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009001040924

雷桜(角川文庫) [文庫]

  • 4.0
価格:¥616(税込)
ポイント:19ポイント(3%還元)(¥19相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2021年4月14日水曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:角川書店
販売開始日: 2004/02/25
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

雷桜(角川文庫) [文庫] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    江戸から三日を要する山間の村で、生まれて間もない庄屋の一人娘、遊が、雷雨の晩に何者かに掠われた。手がかりもつかめぬまま、一家は失意のうちに十数年を過ごす。その間、遊の二人の兄は逞しく育ち、遊の生存を頑なに信じている次兄の助次郎は江戸へ出、やがて御三卿清水家の中間として抱えられる。が、お仕えする清水家の当主、斉道は心の病を抱え、屋敷の内外で狼藉を繰り返していた…。遊は、“狼少女”として十五年ぶりに帰還するのだが―。運命の波に翻弄されながら、愛に身を裂き、凛として一途に生きた女性を描く、感動の時代長編。
  • 出版社からのコメント

    運命の波に翻弄されながら愛に身を裂き、一途に生きた女性の感動の物語。
  • 内容紹介

    乳飲み子の頃に何者かにさらわれた庄屋の愛娘・遊(ゆう)。15年の時を経て、遊は、狼女となって帰還した。そして身分違いの恋に落ちるが――。数奇な運命を辿った女性の凛とした生涯を描く、長編時代ロマン。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    宇江佐 真理(ウエザ マリ)
    1949年、函館市生まれ。函館大谷女子短大卒業。95年、「幻の声」でオール読物新人賞を受賞し、デビュー。2000年、『深川恋物語』で吉川英治文学新人賞、01年には『余寒の雪』で中山義秀文学賞を受賞。人情味溢れる市井物を中心に幅広く時代小説を手がけ、多くの読者を魅了し続けている
  • 著者について

    宇江佐 真理 (ウエザ マリ)
    うえざまり。昭和24年、函館生れ。高校時代から創作をはじめ、平成7年「幻の声」でオール読物新人賞受賞し、作家デビュー。同作を表題作とした捕物帖が直木賞候補に。平成12年、『深川恋物語』で吉川英治文学新人賞、平成13年、『余寒の雪』で中山義秀賞を受賞。

雷桜(角川文庫) [文庫] の商品スペック

商品仕様
出版社名:角川書店
著者名:宇江佐 真理(著)
発行年月日:2004/02/25
ISBN-10:404373901X
ISBN-13:9784043739011
判型:文庫
対象:一般
発行形態:文庫
内容:日本文学小説
言語:日本語
ページ数:383ページ
縦:15cm
他の角川書店の書籍を探す

    角川書店 雷桜(角川文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!