証言録 海軍反省会 [単行本]
    • 証言録 海軍反省会 [単行本]

    • ¥4,400132ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2024年7月16日火曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
証言録 海軍反省会 [単行本]
画像にマウスを合わせると上部に表示
100000009001044884

証言録 海軍反省会 [単行本]

  • 3.0
価格:¥4,400(税込)
ポイント:132ポイント(3%還元)(¥132相当)
フォーマット:
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年7月16日火曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:PHP研究所
販売開始日: 2009/08/03
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

証言録 海軍反省会 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    秘蔵されていた日本海軍中堅幹部の肉声。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    開催の趣旨―反省会の意義・理由・運営方針
    海軍の人事行政・教育問題
    艦隊決戦をめぐる問題
    機関科問題を徹底討論する
    陸海軍の体質・政治性の違いと開戦経緯をめぐる軍政官の責任
    教育訓練について考える
    教育訓練再考
    海軍の問題点を洗い出すには
    小委員会研究項目の検討
    野元総論
  • 出版社からのコメント

    偽りのない海軍の姿をとどめるべく、130回余にわたり行なわれた極秘会合「海軍反省会」。その重要な内容を収録する貴重な一冊。
  • 内容紹介

    「数百時間に及ぶ、日本海軍中堅幹部の肉声が遺されていたという事実に、驚きを禁じえない。感動した」と、戦史研究家の半藤一利氏も思わず心高ぶった感想をもらされたように、本書は、極秘で開催され続け、その後、現在まで秘蔵されていた、「海軍反省会」の生々しい記録である。「海軍反省会」は、昭和55年3月28日に、水交会で第一回を開催し、以後、12年にわたり継続した。本書は、この第一回から第十回までの会議において、各員が発言した記録のテープを文字に起こしたものである。この十回分を選定したのは、全体量が膨大で、全文の刊行が困難であることもあるが、当初、この程度の会合で、一定の結論を出すことを目的としたため、初期の会合で、重要事項がほぼ網羅されているためでもある。肉声に宿る、真実の証言が満載された、読み逃せない一冊である。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    戸高 一成(トダカ カズシゲ)
    1948年、宮崎県出身。多摩美術大学美術学部卒業。1992年、(財)史料調査会理事就任。1999年、厚生省所管「昭和館」図書情報部長就任。2005年、呉市海事歴史科学館(大和ミュージアム)館長就任

証言録 海軍反省会 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:PHP研究所
著者名:戸高 一成(編)
発行年月日:2009/08/19
ISBN-10:4569709702
ISBN-13:9784569709703
判型:A5
発売社名:PHP研究所
対象:一般
発行形態:単行本
内容:社会科学総記
言語:日本語
ページ数:514ページ
縦:22cm
他のPHP研究所の書籍を探す

    PHP研究所 証言録 海軍反省会 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!