稲盛和夫の実学―経営と会計(日経ビジネス人文庫) [文庫]
    • 稲盛和夫の実学―経営と会計(日経ビジネス人文庫) [文庫]

    • ¥57618ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2022年1月27日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
稲盛和夫の実学―経営と会計(日経ビジネス人文庫) [文庫]
画像にマウスを合わせると上部に表示
100000009001045376

稲盛和夫の実学―経営と会計(日経ビジネス人文庫) [文庫]

  • 4.13
価格:¥576(税込)
ポイント:18ポイント(3%還元)(¥18相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2022年1月27日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:日本経済新聞社
販売開始日: 2000/11/07
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

稲盛和夫の実学―経営と会計(日経ビジネス人文庫) [文庫] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    バブル経済に踊らされ、不良資産の山を築いた経営者は何をしていたのか。儲けとは、値決めとは、お金とは、実は何なのか。身近なたとえ話からキャッシュベース、採算向上、透明な経営など七つの原則を説き明かす。ゼロから経営の原理と会計を学んだ著者の会心作。
  • 目次

    まえがき  今こそ求められる「経営のための会計学」

    文庫版の発刊にあたって

    序章 私の会計学の思想
      1 私の会計学はどのようにして生まれたか
      2 私の会計学の基本的な考え方〈本質追究の原則)
      3 私の会計学と経営

    第一部 経営のための会計学―実践的基本原則

    第一章  キャッシュベースで経営する(キャッシュベース経営の原則)
      1 儲かったお金はどうなっているか
      2 資産か、費用か   「バナナの叩き売り」でその違いを見る
      3 土俵の真ん中で相撲をとる
      4 勘定合って銭足らず

    第二章 一対一の対応を貫く(一対一対応の原則)
      1 モノ・お金の動きと伝票の対応は
      2 アメリカでの経験   売上と仕入れの対応
      3 米国現地法人の会計監査
      4 売掛金・買掛金の消し込み
      5 「一対一の対応」とモラル

    第三章 筋肉質の経営に徹する(筋肉質経営の原則)
      1 中古品で我慢する
      2 健全会計に徹する   「セラミック石ころ論」
      3 「固定費」の増加を警戒する
      4 投機は行わない   額に汗した利益が貴い
      5 予算制度は合理的か   「当座買い」の精神

    第四章 完璧主義を貫く(完璧主義の原則)
      1 マクロとミクロ
      2 100%達成でなければ
      3 厳しいチェックでパーフェクトをめざす

    第五章 ダブルチェックによって会社と人を守る(ダブルチェックの原則)
      1 人に罪をつくらせない
      2 ダブルチェックシステムの具体的なあり方

    第六章 採算の向上を支える(採算向上の原則)
      1 時間当り採算制度とは
      2 付加価値を追求するアメーバ経営
      3 時間当り採算と会計との関連
      4 管理会計報告としての時間当り採算制度
      5 売価還元原価法による経営
      6 アメーバ経営と売価還元原価法における原価の考え方
      7 時間当り採算制度は魂を入れないと生きない

    第七章 透明な経営を行う(ガラス張り経営の原則)
      1 公明正大な経理
      2 社内に対するコミュニケーション
      3 フェアなディスクロージャー
      4 経営のモラルと会計のあり方
      5 公正さを保証するための一対一対応の原則
      6 資本主義経済における会計の役割

    第二部 経営のための会計学の実践―盛和塾での経営問答から

      【経営問答1】先行投資の考え方について
      【経営問答2】大手との提携による資金調達について
      【経営問答3】拡大による借入金の増加について
      【経営問答4】経営目標の決め方について
      【経営問答5】「原価管理」の問題点

      おわりに
  • 内容紹介

    バブル経済に踊らされ、不良資産の山を築いた経営者は何をしていたのか。儲けとは、値決めとは、お金とは、実は何なのか。身近なたとえ話からキャッシュベース、採算向上、透明な経営など七つの原則を説き明かす。ゼロから経営の原理と会計を学んだ著者の会心作。
  • 著者について

    稲盛 和夫 (イナモリ カズオ)
    京セラ名誉会長、ディーディアイ名誉会長(97年より)、京都商工会議所会頭。
    1932年生まれ。鹿児島大学工学部卒業。 59年京都セラミック(株)を設立、66年社長、85年会長。 84年第二電電、87年セルラー電話会社を設立し、それぞれ会長に就任。
    著書は『成功への情熱』『人生と経営』など多数。

稲盛和夫の実学―経営と会計(日経ビジネス人文庫) [文庫] の商品スペック

商品仕様
出版社名:日本経済新聞社
著者名:稲盛 和夫(著)
発行年月日:2000/11/07
ISBN-10:4532190061
ISBN-13:9784532190064
判型:文庫
対象:一般
発行形態:文庫
内容:経営
言語:日本語
ページ数:194ページ
縦:15cm
他の日本経済新聞社の書籍を探す

    日本経済新聞社 稲盛和夫の実学―経営と会計(日経ビジネス人文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!