怪奇な家 文庫版 (怪盗ルパン〈第17巻〉) [単行本]
    • 怪奇な家 文庫版 (怪盗ルパン〈第17巻〉) [単行本]

    • ¥66020ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2022年12月11日日曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009001045626

怪奇な家 文庫版 (怪盗ルパン〈第17巻〉) [単行本]

価格:¥660(税込)
ポイント:20ポイント(3%還元)(¥20相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2022年12月11日日曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:ポプラ社
販売開始日: 2005/02/01
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

怪奇な家 文庫版 (怪盗ルパン〈第17巻〉) [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    はなやかなオペラ座劇場のステージ。ファッションショーのまっさいちゅうに、誘拐事件が起こる。美少女歌手のレジーヌが、ダイヤをちりばめた衣装を身につけたままさらわれた。そしておしこまれた部屋を見たレジーヌは、ぼうぜんと立ちすくむ。すばらしく豪華な一室。貴族が住むような大やしきの持ち主が、誘拐強盗犯人なのだろうか。この古いやしきには、おそるべき秘密が…。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    ルブラン,モーリス(ルブラン,モーリス/Leblanc,Maurice)
    フランスの推理作家、1864年生まれ。警察関係の新聞記者のかたわら、1892年夏から小説を書きはじめたが、あまり成功しなかった。1905年、雑誌社の依頼でアルセーヌ・ルパンを主人公とする短編を発表。それをまとめた短編集『怪盗紳士』(1907)で、爆発的人気を博した。1941年没

    南 洋一郎(ミナミ ヨウイチロウ)
    明治26(1893)年1月20日東京府西多摩郡に生まれる。本名池田宜政。青山師範卒業。『懐かしき丁抹の少年』(1926)で少年小説家として出発。『リンカーン物語』(1930)、野口英世等の伝記を池田宣政の名で、『吼える密林』(1933)、『緑の無人島』(1937)などの冒険小説を南洋一郎の名で書いて、多くの少年読者を得た。戦後は『怪盗ルパン全集・全30巻』(ポプラ社)が圧倒的な人気を得た。昭和55(1980)年7月14日没

怪奇な家 文庫版 (怪盗ルパン〈第17巻〉) [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:ポプラ社
著者名:モーリス ルブラン(原作)/南 洋一郎(文)
発行年月日:2005/02
ISBN-10:4591085430
ISBN-13:9784591085431
判型:B6
対象:児童
発行形態:単行本
内容:外国文学小説
ページ数:249ページ
縦:18cm
横:14cm
他のポプラ社の書籍を探す

    ポプラ社 怪奇な家 文庫版 (怪盗ルパン〈第17巻〉) [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!