原発事故、放射能、ケンカ対談 [単行本]

販売休止中です

    • 原発事故、放射能、ケンカ対談 [単行本]

    • ¥1,65050ポイント(3%還元)
100000009001046871

原発事故、放射能、ケンカ対談 [単行本]

価格:¥1,650(税込)
ポイント:50ポイント(3%還元)(¥50相当)
日本全国配達料金無料
出版社:幻冬舎
販売開始日: 2011/06/30
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

原発事故、放射能、ケンカ対談 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    今の基準(20ミリシーベルト/年)は、安全か?危険か?事故の責任、1ミリシーベルトvs100ミリシーベルト問題、激突、対立しっぱなし。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 原発事故の責任は誰にあるか
    第2章 「1ミリシーベルト/年」問題
    第3章 「原則」か「現実」か
    第4章 専門家の意見はなぜ分かれたのか
    第5章 原発の安全問題と将来
    第6章 個人の健康と社会の復興
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    副島 隆彦(ソエジマ タカヒコ)
    1953年福岡市生まれ。早稲田大学法学部卒業。外資系銀行員、代々木ゼミナール講師、常葉学園大学教授などを歴任。政治思想、法制度論、経済分析、社会時評など多くの分野で評論家として活動。副島国家戦略研究所(SNSI)を主宰し、日本初の民間人国家戦略家として研究、執筆、講演活動を精力的に行っている

    武田 邦彦(タケダ クニヒコ)
    1943年東京都生まれ。工学博士。東京大学教養学部基礎学科卒業。専攻は資源材料工学。卒業後、旭化成に入社。同社ウラン濃縮研究所所長在任中、世界で初めて化学法のウラン濃縮に成功し、日本原子力学会から最高の賞(平和利用特賞)を受賞。放射線関係では第一種放射線取扱主任者など広い分野の原子力実績を持つ。名古屋大学大学院教授を経て、現在、中部大学総合工学研究所教授。内閣府原子力委員会および安全委員会専門委員を歴任

原発事故、放射能、ケンカ対談 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:幻冬舎
著者名:副島 隆彦(著)/武田 邦彦(著)
発行年月日:2011/06/30
ISBN-10:434402009X
ISBN-13:9784344020092
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:日本文学評論・随筆
ページ数:262ページ
縦:20cm
他の幻冬舎の書籍を探す

    幻冬舎 原発事故、放射能、ケンカ対談 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!