経営を見る眼―日々の仕事の意味を知るための経営入門 [単行本]
    • 経営を見る眼―日々の仕事の意味を知るための経営入門 [単行本]

    • ¥1,76053ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2021年12月12日日曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009001047129

経営を見る眼―日々の仕事の意味を知るための経営入門 [単行本]

価格:¥1,760(税込)
ポイント:53ポイント(3%還元)(¥53相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2021年12月12日日曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:東洋経済新報社
販売開始日: 2007/06/30
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

経営を見る眼―日々の仕事の意味を知るための経営入門 の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    「利益はお布施である」「リーダーになってはいけない人」「人はなぜ、想定通りに動かないか」…。さまざまな疑問に答え企業の本質に迫りながら、「経営を読み解く」眼力を養う1冊。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1部 働く人と会社(人はなぜ働くか;仕事の場で何が起きているか;雇用関係を絶つとき)
    第2部 企業とは何か(企業は何をしている存在か;株主はなぜカネを出すのか;利益とは何か;企業は誰のものか)
    第3部 リーダーのあり方(人を動かす;リーダーの条件;リーダーの仕事;上司をマネジする―逆向きのリーダーシップ)
    第4部 経営の全体像(経営をマクロに考える;戦略とは何か;競争優位の戦略;ビジネスシステムの戦略;企業戦略と資源・能力;組織構造;管理システム;場のマネジメント)
    第5部 経営を見る眼を養う(キーワードで考える;経営の論理と方程式で考える)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    伊丹 敬之(イタミ ヒロユキ)
    1945年生まれ。一橋大学商学部卒業。カーネギー・メロン大学経営大学院博士課程修了(Ph.D.)。一橋大学大学院商学研究科教授。主な著書に『日本企業の多角化戦略』(共著、日経・経済図書文化賞受賞、日本経済新聞社)など

経営を見る眼―日々の仕事の意味を知るための経営入門 の商品スペック

商品仕様
出版社名:東洋経済新報社
著者名:伊丹 敬之(著)
発行年月日:2007/07/12
ISBN-10:4492501746
ISBN-13:9784492501740
判型:B6
対象:専門
発行形態:単行本
内容:経営
ページ数:269ページ
縦:20cm
他の東洋経済新報社の書籍を探す

    東洋経済新報社 経営を見る眼―日々の仕事の意味を知るための経営入門 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!