対人関係カウンセリング(IPC)の進め方―軽度のうつやストレスを抱える人への援助 [単行本]
    • 対人関係カウンセリング(IPC)の進め方―軽度のうつやストレスを抱える人への援助 [単行本]

    • ¥2,20066ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2024年7月23日火曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009001047292

対人関係カウンセリング(IPC)の進め方―軽度のうつやストレスを抱える人への援助 [単行本]

  • 5.0
価格:¥2,200(税込)
ポイント:66ポイント(3%還元)(¥66相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年7月23日火曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:創元社
販売開始日: 2011/01/24
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

対人関係カウンセリング(IPC)の進め方―軽度のうつやストレスを抱える人への援助 の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    「軽いうつ症状」や「ストレス」に悩む人たちに非常に効果的な、対人関係療法の考え方を用いた短期カウンセリングの方法を紹介。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    1 IPCの全体像をつかむ(IPCとは
    基本的な考え方を理解する ほか)
    2 IPCを始める(信頼関係を築く=カウンセラーが与える印象に配慮する
    IPCに適したクライエントかどうかを判断する ほか)
    3 IPCの具体的なストレス領域に取り組む(悲哀
    対人関係の不和 ほか)
    4 IPCを終える
    5 IPCを実行する上でのさまざまな問題点とその対処法(IPCと通常の医療との関係
    クライエントが別の治療を求める ほか)
    6 Q&A(「原因」と「関連」の違いは何ですか?
    IPCを勧める際には、どんなことに留意すればよいですか? ほか)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    水島 広子(ミズシマ ヒロコ)
    慶應義塾大学医学部卒業・同大学院修了(医学博士)。慶應義塾大学医学部精神神経科勤務を経て、2000年6月~2005年8月、衆議院議員として児童虐待防止法の抜本改正などに取り組む。1997年に共訳『うつ病の対人関係療法』を出版して以来、日本における対人関係療法の第一人者として臨床に応用するとともに普及啓発に努めている。現在は、対人関係療法専門クリニック院長、慶應義塾大学医学部非常勤講師(精神神経科)

対人関係カウンセリング(IPC)の進め方―軽度のうつやストレスを抱える人への援助 の商品スペック

商品仕様
出版社名:創元社 ※出版地:大阪
著者名:水島 広子(著)
発行年月日:2011/01/20
ISBN-10:4422115057
ISBN-13:9784422115054
判型:A5
対象:専門
発行形態:単行本
内容:心理学
ページ数:129ページ
縦:21cm
他の創元社の書籍を探す

    創元社 対人関係カウンセリング(IPC)の進め方―軽度のうつやストレスを抱える人への援助 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!