ルワンダ中央銀行総裁日記 増補版 (中公新書) [新書]
    • ルワンダ中央銀行総裁日記 増補版 (中公新書) [新書]

    • ¥1,05632ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2021年6月15日火曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009001048288

ルワンダ中央銀行総裁日記 増補版 (中公新書) [新書]

  • 4.75
価格:¥1,056(税込)
ポイント:32ポイント(3%還元)(¥32相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2021年6月15日火曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:中央公論新社
販売開始日: 2009/11/24
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

ルワンダ中央銀行総裁日記 増補版 (中公新書) [新書] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    一九六五年、経済的に繁栄する日本からアフリカ中央の一小国ルワンダの中央銀行総裁として着任した著者を待つものは、財政と国際収支の恒常的赤字であった―。本書は物理的条件の不利に屈せず、様々の驚きや発見の連続のなかで、あくまで民情に即した経済改革を遂行した日本人総裁の記録である。今回、九四年のルワンダ動乱をめぐる一文を増補し、著者の業績をその後のアフリカ経済の推移のなかに位置づける。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    1 国際通貨基金からの誘い
    2 ヨーロッパと隣国と
    3 経済の応急措置
    4 経済再建計画の答申
    5 通貨改革実施の準備
    6 通貨改革の実施とその成果
    7 安定から発展へ
    8 ルワンダを去る
    増補1 ルワンダ動乱は正しく伝えられているか
    増補2 「現場の人」の開発援助哲学
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    服部 正也(ハットリ マサヤ)
    1918(大正7)年、三重県生まれ。東京帝国大学法学部卒業後海軍予備学生となる。終戦を海軍大尉としてラバウルで迎え、引き続きラバウル戦犯裁判弁護人となる。47年に復員し、日本銀行入行。65年、ルワンダ中央銀行総裁としてIMF技術援助計画に出向し、71年帰国。翌年世界銀行に転出、80年に副総裁となり、83年退任。ケーヨーリゾート開発社長、同会長を歴任するほか、アフリカ開発銀行、国際農業開発基金などの委員を務めた。99年没

ルワンダ中央銀行総裁日記 増補版 (中公新書) [新書] の商品スペック

商品仕様
出版社名:中央公論新社
著者名:服部 正也(著)
発行年月日:2009/11/25
ISBN-10:4121902904
ISBN-13:9784121902900
判型:新書
対象:教養
発行形態:新書
内容:経済・財政・統計
ページ数:339ページ
縦:18cm
他の中央公論新社の書籍を探す

    中央公論新社 ルワンダ中央銀行総裁日記 増補版 (中公新書) [新書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!