京・鎌倉 ふたつの王権(全集 日本の歴史〈第6巻〉) [全集叢書]
    • 京・鎌倉 ふたつの王権(全集 日本の歴史〈第6巻〉) [全集叢書]

    • ¥2,64080ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2021年12月9日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009001049318

京・鎌倉 ふたつの王権(全集 日本の歴史〈第6巻〉) [全集叢書]

価格:¥2,640(税込)
ポイント:80ポイント(3%還元)(¥80相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2021年12月9日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:小学館
販売開始日: 2008/05/28
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

京・鎌倉 ふたつの王権(全集 日本の歴史〈第6巻〉) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    権力を握った幕府はなぜ朝廷を滅ぼさなかったのか。軍事組織だった武家政権が統治者となるまで。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 中世の成立
    第2章 過剰と蕩尽
    第3章 内乱と改革
    第4章 天下草創―武家政権の成立
    第5章 中世社会の確立
    第6章 ふたつの王権
    第7章 在地領主の生活
    第8章 文永・弘安の役と幕府支配の転換
    第9章 両統迭立と徳政令
    第10章 鎌倉時代の終焉
  • 内容紹介

    院政期から、鎌倉幕府の誕生とその滅亡までを描く。公家政権の暴力装置に過ぎなかった武士が、いかにして権力の中枢に食い込んだのか。権力を握った幕府は、なぜ朝廷を滅ぼして唯一絶対の地位を求めなかったのか。そして、「武家の棟梁」として誕生した幕府が、どのようにして日本の統治者としての自覚に目覚めていったか……。こうした疑問の背景には、殺生と信仰の狭間で苦悩する武家の姿や、原理原則を柔軟に現実世界に対応させていく公家たちのしたたかな生き様が隠されている。公家と武家、京と鎌倉を対比しつつ、以後七百年に及んだ日本独自の二重権力構造の源泉を探る。

    図書館選書
    院政期から鎌倉幕府の誕生・滅亡までを描く
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    本郷 恵子(ホンゴウ ケイコ)
    東京大学史料編纂所准教授。1960年東京都生まれ。東京大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得退学。博士(文学)。専攻は日本中世史。中世前期の公家政権を中心に、中世社会の構造・中世びとの心性などを広く研究対象とする。公家政権が創出した文化や様式が、どのように伝播し、継承されていくかに興味を抱いている。史料の陰に埋もれた市井の人びとの内面を掘り起こすことに心を砕く

京・鎌倉 ふたつの王権(全集 日本の歴史〈第6巻〉) の商品スペック

商品仕様
出版社名:小学館
著者名:本郷 恵子(著)
発行年月日:2008/05/31
ISBN-10:4096221066
ISBN-13:9784096221068
判型:A5
対象:教養
発行形態:全集叢書
内容:日本歴史
言語:日本語
ページ数:364ページ
縦:22cm
その他:京・鎌倉ふたつの王権-院政から鎌倉時代-
他の小学館の書籍を探す

    小学館 京・鎌倉 ふたつの王権(全集 日本の歴史〈第6巻〉) [全集叢書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!