アフター・アメリカ―ボストニアンの軌跡と"文化の政治学" [単行本]
    • アフター・アメリカ―ボストニアンの軌跡と"文化の政治学" [単行本]

    • ¥2,75083ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2019年12月9日月曜日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009001053910

アフター・アメリカ―ボストニアンの軌跡と"文化の政治学" [単行本]

価格:¥2,750(税込)
ポイント:83ポイント(3%還元)(¥83相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2019年12月9日月曜日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:慶応義塾大学出版会
販売開始日:2004/05/17
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 283881位

アフター・アメリカ―ボストニアンの軌跡と"文化の政治学" の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    「保守」と「リベラル」を超えて。アメリカ最古で最上の名門家族である「ボストンのバラモン」。アメリカン・ドリームを体現したアイルランド系移民家族の「ボストン・アイリッシュ」。2つの世界を通してアメリカ市民社会の最深部を浮き彫りにした新進気鋭の文化人類学者による画期的論考。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    1 「文脈」を求めて(「丘の上の町」にて―ボストンでのフィールドワーク
    ボストン・ブラーミン―「ローウェル家はキャボット家とのみ話をし、キャボット家は神とのみ話をする」
    ボストン・アイリッシュ―「あなたに試練をあたえ、失望させるかもしれない。でも決してあなたを見捨てはしない」
    ボストン再訪―「近代」のジレンマと“文化の政治学”)
    2 郷愁と理念のはざまで(地上で最後で最良の希望―「アメリカ」をめぐる相克
    ひざまずかない解釈学―文化人類学からのまなざし)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    渡辺 靖(ワタナベ ヤスシ)
    慶応義塾大学環境情報学部助教授。1967年生まれ。上智大学外国語学部卒業(1990年)後、ハーバード大学大学院修士課程(1992年)ならびに博士課程修了、Ph.D.(1997年、社会人類学)。ケンブリッジ大学、オクスフォード大学客員研究員を経て、1999年より現職。専門は文化人類学、文化政策論、グローバリゼーション研究、アメリカ研究。2003年度安倍フェロー(米国社会科学研究評議会ならびに国際交流基金日米センター)としてハーバード大学ウェザーヘッド国際問題研究所客員研究員

アフター・アメリカ―ボストニアンの軌跡と"文化の政治学" の商品スペック

商品仕様
出版社名:慶應義塾大学出版会
著者名:渡辺 靖(著)
発行年月日:2004/05/15
ISBN-10:4766410785
ISBN-13:9784766410785
判型:B6
対象:専門
発行形態:単行本
内容:社会科学総記
ページ数:392ページ ※373,19P
縦:20cm

    慶応義塾大学出版会 アフター・アメリカ―ボストニアンの軌跡と"文化の政治学" [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!