北朝鮮が震える日―人民軍元帥が語る金王朝崩壊の予兆(光人社NF文庫) [文庫]

販売休止中です

    • 北朝鮮が震える日―人民軍元帥が語る金王朝崩壊の予兆(光人社NF文庫) [文庫]

    • ¥75423ポイント(3%還元)
100000009001054239

北朝鮮が震える日―人民軍元帥が語る金王朝崩壊の予兆(光人社NF文庫) [文庫]

価格:¥754(税込)
ポイント:23ポイント(3%還元)(¥23相当)
フォーマット:
日本全国配達料金無料
出版社:光人社
販売開始日:2010/09/21
ご確認事項:返品不可

北朝鮮が震える日―人民軍元帥が語る金王朝崩壊の予兆(光人社NF文庫) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    ある夜、元自衛隊情報幹部の枕許に現われた朝鮮人民軍元帥・呉振宇。金日成主席の当番兵から軍のトップに昇り、政権ナンバー2として金王朝の表も裏も知りつくしていた男は揺れる母国の来し方と行く末を静かに語り始めた…。自衛隊情報部門で北朝鮮情報を追い韓国駐在武官も務めた元陸将が、独裁政権の動向を半島の地政学をふまえ多角的に分析、大胆な設定の対談で分かりやすく読み解く。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    1 北朝鮮軍元帥現わる
    2 朝鮮半島の地政学
    3 冷戦時代の大事件…かろうじて戦争回避
    4 冷戦時代の南北の軍事バランス
    5 冷戦崩壊による朝鮮半島情勢の激変
    6 金正日はいかにして世襲後継を完成させたか
    7 金正日は冷戦崩壊と父の死をいかに克服したか
    8 金正日政権はなぜ崩壊しなかったのか
    9 北朝鮮の核・ミサイル開発問題
    10 北朝鮮の今後の展望
    11 元帥再登場―韓国哨戒艦撃沈と後継者問題を語る
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    福山 隆(フクヤマ タカシ)
    1947(昭和22年)、長崎県上五島の宇久島生まれ。佐世保北高から1970年、防衛大学校(14期生)卒業。陸上自衛隊第16普通科連隊(大村市)小隊長からスタート、外務省安全保障課出向。冷戦崩壊直後の91~93年には韓国防衛駐在官としてソウルに駐在する。帰国後、第32普通科連隊長(95年の「地下鉄サリン事件」時に除染隊を指揮)、陸幕調査第2課長(国外情報)、情報本部初代画像部長(衛星情報)、第11師団(札幌)副師団長、富士教導団長、九州補給処長などを歴任し、2005年(平成17年)春、西部方面総監部幕僚長・陸将で退官

北朝鮮が震える日―人民軍元帥が語る金王朝崩壊の予兆(光人社NF文庫) の商品スペック

商品仕様
出版社名:光人社
著者名:福山 隆(著)
発行年月日:2010/10/22
ISBN-10:4769826575
ISBN-13:9784769826576
判型:文庫
対象:一般
発行形態:文庫
内容:日本文学評論・随筆
ページ数:251ページ
縦:16cm

    光人社 北朝鮮が震える日―人民軍元帥が語る金王朝崩壊の予兆(光人社NF文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!