福島の原発事故をめぐって―いくつか学び考えたこと [単行本]
    • 福島の原発事故をめぐって―いくつか学び考えたこと [単行本]

    • ¥1,10033ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2021年8月5日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009001054749

福島の原発事故をめぐって―いくつか学び考えたこと [単行本]

価格:¥1,100(税込)
ポイント:33ポイント(3%還元)(¥33相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2021年8月5日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:みすず書房
販売開始日: 2011/08/26
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

福島の原発事故をめぐって―いくつか学び考えたこと の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    一刻もはやく原発依存社会から脱却すべきである―原発ファシズムの全貌を追い、容認は子孫への犯罪であると説いた『磁力と重力の発見』の著者、書き下ろし。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    1 日本における原発開発の深層底流(原子力平和利用の虚妄
    学者サイドの反応
    その後のこと)
    2 技術と労働の面から見て(原子力発電の未熟について
    原子力発電の隘路
    原発稼働の実態 ほか)
    3 科学技術幻想とその破綻(一六世紀文化革命
    科学技術の出現
    科学技術幻想の肥大化とその行く末 ほか)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    山本 義隆(ヤマモト ヨシタカ)
    1941年、大阪に生まれる。1964年東京大学理学部物理学科卒業。同大学大学院博士課程中退。現在、学校法人駿台予備学校勤務。著書に『磁力と重力の発見』全3巻(みすず書房、2003:パピルス賞、毎日出版文化賞、大佛次郎賞受賞)など

福島の原発事故をめぐって―いくつか学び考えたこと の商品スペック

商品仕様
出版社名:みすず書房
著者名:山本 義隆(著)
発行年月日:2011/08/25
ISBN-10:4622076446
ISBN-13:9784622076445
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:社会
ページ数:101ページ
縦:19cm
他のみすず書房の書籍を探す

    みすず書房 福島の原発事故をめぐって―いくつか学び考えたこと [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!