キュリー夫人―はじめてノーベル賞をとった女性科学者(小学館版 学習まんが人物館) [全集叢書]
    • キュリー夫人―はじめてノーベル賞をとった女性科学者(小学館版 学習まんが人物館) [全集叢書]

    • ¥93529ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2021年9月24日金曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009001059650

キュリー夫人―はじめてノーベル賞をとった女性科学者(小学館版 学習まんが人物館) [全集叢書]

価格:¥935(税込)
ポイント:29ポイント(3%還元)(¥29相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2021年9月24日金曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:小学館
販売開始日: 1996/04/10
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

キュリー夫人―はじめてノーベル賞をとった女性科学者(小学館版 学習まんが人物館) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    物理化学学校は、夜の静けさの中に黒い影を落としていました。その物置小屋を改造した粗末な実験室で、ピエールとマリーのキュリー夫妻は、暗やみの中に青白く輝く物質を、あきずにながめていました。それはわずか0.1グラムの塩化ラジウムが放つ光であり、その中には、新元素ラジウムが含まれていたのです。このラジウムのはなつ光こそ、近代物理学の夜明けをつげるものでした。
  • 内容紹介

    ノーベル物理学賞とノーベル化学賞の二つを受賞した女性科学者!

    夜の静けさの中、そまつな実験室で、キュリー夫妻は、暗やみの中に青白く輝く光を見つめていました。それはラジウムの放つ光であり、このラジウムの発見こそ、原子力時代の夜明けをつげるものでした。マリー・キュリーは、1867年にポーランドのワルシャワで生まれました。当時のポーランドは、ロシアの支配下にあって、キュリー一家は苦しい生活をしいられました。物理の先生をしていた父の影響もあり、物理が好きになったマリーは、パリへ出て、ソルボンヌ大学へ入学しました。そこで知り合った物理学者、ピエール・キュリーと結婚し、二人の共同研究が始まります。二人の女の子が生まれましたが、この間にも、マリーは家事をこなしながら研究を続けました。キュリー夫妻は、ピッチブレンドという鉱物の中には、ウランよりもはるかに強い放射能を出す物質があると考え、実験をくりかえしていきます。そして、1898年、4年にわたる実験のすえ、キュリー夫妻は、ピッチブレンドの中から、ポロニウムとラジウムを発見したのです。この功績で、夫妻はノーベル物理学賞を受賞しました。その後、マリーは夫ピエールを事故で失いますが、その悲しみをのりこえて研究を続け、1910年に、金属ラジウムを取り出すことを発見し、ノーベル化学賞を受賞しました。二つのノーベル賞に輝くキュリー夫人の、ひたむきな姿を感動的に描いた科学者伝記です。

    図書館選書
    暗やみの中に青白く輝く光。キュリー夫人は、夫のピエールと共に、長くつらい研究のすえ、ついにラジウムを発見した。原子時代の扉を開いたキュリー夫人のひたむきな姿を感動的にまんがで描いた科学者伝記。

キュリー夫人―はじめてノーベル賞をとった女性科学者(小学館版 学習まんが人物館) の商品スペック

商品仕様
出版社名:小学館
著者名:あべ さより(画)
発行年月日:1996/04/10
ISBN-10:4092700024
ISBN-13:9784092700024
判型:B5
対象:児童
発行形態:全集叢書
内容:伝記
言語:日本語
ページ数:159ページ
縦:23cm
他の小学館の書籍を探す

    小学館 キュリー夫人―はじめてノーベル賞をとった女性科学者(小学館版 学習まんが人物館) [全集叢書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!