白い巨塔〈第4巻〉(新潮文庫) [文庫]
    • 白い巨塔〈第4巻〉(新潮文庫) [文庫]

    • ¥82525ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2021年5月15日土曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009001059680

白い巨塔〈第4巻〉(新潮文庫) [文庫]

  • 5.0
価格:¥825(税込)
ポイント:25ポイント(3%還元)(¥25相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2021年5月15日土曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:新潮社
販売開始日: 2002/11/21
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

白い巨塔〈第4巻〉(新潮文庫) [文庫] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    浪速大学教授・財前五郎の医療ミスを訴えた民事裁判は、原告側の敗訴に終わる。同じ大学の助教授の身で原告側証人に立った里見は、大学を去る。他方、裁判に勝訴した財前のもとに、学術会議選挙出馬の誘いがもたらされる。学会人事がらみの危険な罠を感じながらも財前は、開始された医事裁判控訴審と学術会議選挙をシーソーのように操り、両者ともに勝利することに野望をたぎらす。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    山崎 豊子(ヤマサキ トヨコ)
    1924(大正13)年、大阪市生れ。京都女子大国文科卒。毎日新聞社学芸部に勤務。当時、学芸部副部長であった井上靖のもとで記者としての訓練を受ける。勤務のかたわら小説を書きはじめ、’57(昭和32)年『暖簾』を刊行。翌年、『花のれん』により直木賞を受賞。新聞社を退社して作家生活に入る。’63年より連載をはじめた『白い巨塔』は鋭い社会性で話題を呼んだ。『不毛地帯』『二つの祖国』『大地の子』の戦争3部作の後、大作『沈まぬ太陽』を発表。’91(平成3)年、菊池寛賞受賞

白い巨塔〈第4巻〉(新潮文庫) [文庫] の商品スペック

商品仕様
出版社名:新潮社
著者名:山崎 豊子(著)
発行年月日:2002/11/20
ISBN-10:4101104360
ISBN-13:9784101104362
判型:文庫
対象:一般
発行形態:文庫
内容:日本文学小説
ページ数:526ページ
縦:16cm
他の新潮社の書籍を探す

    新潮社 白い巨塔〈第4巻〉(新潮文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!