資生堂という文化装置 1872-1945 [単行本]
    • 資生堂という文化装置 1872-1945 [単行本]

    • ¥5,720172ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009001061555

資生堂という文化装置 1872-1945 [単行本]

価格:¥5,720(税込)
ポイント:172ポイント(3%還元)(¥172相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:岩波書店
販売開始日:2011/04/28
ご確認事項:返品不可

資生堂という文化装置 1872-1945 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    西洋的な都市景観が出現した東京銀座で、洋風調剤薬局として創業した資生堂は、モダン文化の核となる。そして関東大震災からの復興後は、パリのイメージを背景に、モード・ファッション・化粧・髪型から、商業デザイン・美術・食文化まで、一層幅広い都市文化を発信してゆく。「大東亜戦争」によって、その役割を終えるまでを、豊富な資料と図版で解き明かす決定版。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    プロローグ 文化装置の誕生―関東大震災以前
    第1章 一九二〇年代の都市文化と『資生堂月報』1924‐1931
    第2章 モダンガールと職業婦人―資生堂化粧品部
    第3章 アール・ヌーヴォーと商業美術―資生堂意匠部
    第4章 アートの空間―資生堂ギャラリー
    第5章 銀ブラとグルメの楽しみ―資生堂パーラー
    第6章 一九三〇年代の都市文化と『資生堂グラフ』『花椿』1933‐1940
    エピローグ 文化装置の崩壊―日中戦争以後
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    和田 博文(ワダ ヒロフミ)
    1954年生まれ。神戸大学大学院文化学研究科博士課程中退。文化学・日本近代文学専攻。ロンドン大学客員研究員、奈良大学文学部国文学科教授を経て、東洋大学文学部日本文学文化学科教授

資生堂という文化装置 1872-1945 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:岩波書店
著者名:和田 博文(著)
発行年月日:2011/04/26
ISBN-10:4000234889
ISBN-13:9784000234887
判型:A5
対象:一般
発行形態:単行本
内容:日本歴史
ページ数:492ページ
縦:22cm

    岩波書店 資生堂という文化装置 1872-1945 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!