死にたい老人(幻冬舎新書) [新書]

販売休止中です

    • 死にたい老人(幻冬舎新書) [新書]

    • ¥92428ポイント(3%還元)
100000009001067542

死にたい老人(幻冬舎新書) [新書]

価格:¥924(税込)
ポイント:28ポイント(3%還元)(¥28相当)
フォーマット:
日本全国配達料金無料
出版社:幻冬舎
販売開始日: 2011/09/30
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

死にたい老人(幻冬舎新書) [新書] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    もう充分に生きた。あとは静かに死にたい―。83歳の小説家は、老いて身体の自由がきかなくなり、男の機能も衰え、あらゆる欲望が失せ、余生に絶望した。そして、ゆるやかに自死する「断食安楽死」を決意。すぐに開始するや着々と行動意欲が減退、異常な頭痛や口中の渇きにも襲われ、Xデーの到来を予感する。一方で、テレビのグルメ番組を見て食欲に悩まされ、東日本大震災のニュースにおののきつつも興味は高まり、胃痛に耐えられず病院に行く。終いには、強烈な死への恐怖が!死に執着した小説家が、52日間の断食を実行するも自死に失敗した、異常な記録。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 断食死をめざして、38日間(断食カウントダウン―2011年2月10日~14日/断食直前の記録
    いよいよ断食突入―2月15日~3月24日/38日間の断食記録 ほか)
    第2章 断食安楽死をするための準備(保護責任者遺棄の罪にあたるらしい
    83歳、独身ではアパートも借りられない ほか)
    第3章 ぼくはなぜ断食安楽死を決意したのか―その理由と背景(ぼくには孤独死した友人が4人いる
    生への執着をなくしたら、突然世界が変わって見えた… ほか)
    第4章 今度こそ、3度目の挑戦!(3度目の挑戦に入る前に―2011年4月12日~23日/断食再決断の記録
    3度目の断食突入―4月26日~5月4日/9日間の断食記録 ほか)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    木谷 恭介(コタニ キョウスケ)
    1927年大阪府生まれ。劇団「新風俗」「三木トリロー文芸部」などを経て、ルポライターとして活躍。1977年、「俺が拾った吉野太夫」で第1回小説CLUB新人賞受賞。以後作家生活に入り、風俗営業の女性を題材とした小説、風俗のガイドブックなどを執筆していたが、1983年の『赤い霧の殺人行』から、旅情ミステリーに専念。五十五歳での再出発だった。宮之原警部シリーズで多くの読者を獲得

死にたい老人(幻冬舎新書) [新書] の商品スペック

商品仕様
出版社名:幻冬舎
著者名:木谷 恭介(著)
発行年月日:2011/09/30
ISBN-10:4344982320
ISBN-13:9784344982321
判型:B6
対象:一般
発行形態:新書
内容:日本文学評論・随筆
ページ数:262ページ
縦:18cm
他の幻冬舎の書籍を探す

    幻冬舎 死にたい老人(幻冬舎新書) [新書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!