昭和陸海軍の失敗―彼らはなぜ国家を破滅の淵に追いやったのか(文春新書) [新書]
    • 昭和陸海軍の失敗―彼らはなぜ国家を破滅の淵に追いやったのか(文春新書) [新書]

    • ¥81425ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
100000009001068645

昭和陸海軍の失敗―彼らはなぜ国家を破滅の淵に追いやったのか(文春新書) [新書]

  • 5.0
価格:¥814(税込)
ポイント:25ポイント(3%還元)(¥25相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:文藝春秋
販売開始日: 2007/12/17
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

昭和陸海軍の失敗―彼らはなぜ国家を破滅の淵に追いやったのか(文春新書) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    エリートたちはどこで誤ったのか?昭和の陸海軍の人材を語ることによって見えてくる、日本型組織の弱点!!「文藝春秋」で大反響を呼んだ話題の座談会を収録。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1部 昭和の陸軍 日本型組織の失敗(黒野耐、戸部良一、半藤一利、福田和也、保阪正康)(派閥抗争が改革をつぶした―宇垣一成と荒木貞夫
    エリート教育システムの欠陥―東條英機と永田鉄山
    天才戦略家の光と影―石原莞爾と武藤章
    良識派は出世できない―栗林忠道、今村均、本間雅晴 ほか)
    第2部 昭和の海軍 エリート集団の栄光と失墜(戸高一成、秦郁彦、半藤一利、平間洋一、福田和也)(成功体験の驕りと呪縛―東郷平八郎と加藤友三郎
    人事を牛耳る皇族総長―伏見宮博恭王
    良識派は孤立する―米内光政と井上成美
    必敗の日米開戦をなぜ?―永野修身と嶋田繁太郎 ほか)
  • 出版社からのコメント

    昭和の陸海軍の人材を語ることによって見えてくる、日本型組織の弱点!! 「文藝春秋」で大反響を呼んだ話題の座談会を収録
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    黒野 耐(クロノ タエル)
    1944(昭和19)年生まれ。元陸将補、武蔵野学院大学講師

    戸高 一成(トダカ カズシゲ)
    1948(昭和23)年生まれ。海軍史研究家、呉市海事歴史科学館館長

    戸部 良一(トベ リョウイチ)
    1948(昭和23)年生まれ。防衛大学校教授

    秦 郁彦(ハタ イクヒコ)
    1932(昭和7)年生まれ。日本大学講師

    半藤 一利(ハンドウ カズトシ)
    1930(昭和5)年生まれ。昭和史研究家、作家

昭和陸海軍の失敗―彼らはなぜ国家を破滅の淵に追いやったのか(文春新書) の商品スペック

商品仕様
出版社名:文藝春秋
著者名:黒野 耐(著)/戸高 一成(著)/戸部 良一(著)/秦 郁彦(著)/半藤 一利(著)/平間 洋一(著)/福田 和也(著)/保阪 正康(著)
発行年月日:2007/12/20
ISBN-10:4166606107
ISBN-13:9784166606108
判型:新書
対象:一般
発行形態:新書
内容:政治含む国防軍事
言語:日本語
ページ数:231ページ
縦:18cm
横:11cm
他の文藝春秋の書籍を探す

    文藝春秋 昭和陸海軍の失敗―彼らはなぜ国家を破滅の淵に追いやったのか(文春新書) [新書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!