情報社会と刑法 [単行本]
    • 情報社会と刑法 [単行本]

    • ¥4,180126ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2023年2月10日金曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009001074086

情報社会と刑法 [単行本]

価格:¥4,180(税込)
ポイント:126ポイント(3%還元)(¥126相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2023年2月10日金曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:成文堂
販売開始日: 2011/05/01
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

情報社会と刑法 [単行本] の 商品概要

  • 目次(「BOOK」データベースより)

    序章 サイバースペースと刑法―メディアが鳴らす刑法の不協和音
    第1章 ネットワークの安全性と刑法的保護(ネットワークセキュリティの刑事法的保護
    不正アクセス禁止法における「不正アクセス」の概念について)
    第2章 ソフトウエア開発と刑法(Winnyと刑法―ウィニー事件控訴審無罪判決の意義と課題
    コンピュータ・ウイルス作成罪と正当な業務行為)
    第3章 違法・有害情報規制と刑法(ネット上の名誉毀損
    ネットの匿名性と有害情報規制)
    第4章 性情報と刑法(陳列概念の弛緩―アルファーネット事件控訴審判決
    コミック性表現と刑法175条―『蜜室』事件東京地裁判決を契機に
    児童買春・児童ポルノ処罰法の成立
    児童ポルノ禁止法7条3項違反の罪と児童福祉法34条1項6号違反の罪の罪数関係について―最高裁第一小法廷平成21年10月21日決定
    児童ポルノ禁止法の問題点―「児童ポルノ」とは何か)
    あとがきにかえて 情報化社会で進む情報の貧しさについて
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    園田 寿(ソノダ ヒサシ)
    1952年生まれ。1981年3月31日関西大学大学院博士課程後期課程単位取得退学。1981年4月1日関西大学法学部専任講師(刑法学)。1984年4月1日関西大学法学部助教授(刑法学)。1991年4月1日関西大学法学部教授(刑法学)。2003年4月1日甲南大学法学部教授(刑法学)。2004年4月1日甲南大学法科大学院教授(刑法学)

情報社会と刑法 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:成文堂
著者名:園田 寿(著)
発行年月日:2011/05/01
ISBN-10:4792318904
ISBN-13:9784792318901
判型:A5
対象:専門
発行形態:単行本
内容:法律
ページ数:180ページ
縦:22cm
他の成文堂の書籍を探す

    成文堂 情報社会と刑法 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!