創られた「日本の心」神話―「演歌」をめぐる戦後大衆音楽史(光文社新書) [新書]
    • 創られた「日本の心」神話―「演歌」をめぐる戦後大衆音楽史(光文社新書) [新書]

    • ¥1,04532ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2022年1月30日日曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009001078165

創られた「日本の心」神話―「演歌」をめぐる戦後大衆音楽史(光文社新書) [新書]

価格:¥1,045(税込)
ポイント:32ポイント(3%還元)(¥32相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2022年1月30日日曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:光文社
販売開始日: 2010/10/15
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

創られた「日本の心」神話―「演歌」をめぐる戦後大衆音楽史(光文社新書) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    「演歌は日本の心」と聞いて、疑問に思う人は少ないだろう。落語や歌舞伎同様、近代化以前から受け継がれてきたものと認識されているかもしれない。ところが、それがたかだか四〇年程度の歴史しかない、ごく新しいものだとしたら?本書では、明治の自由民権運動の中で現われ、昭和初期に衰退した「演歌」―当時は「歌による演説」を意味していた―が、一九六〇年代後半に別な文脈で復興し、やがて「真正な日本の文化」とみなされるようになった過程と意味を、膨大な資料と具体例によって論じる。いったい誰が、どういう目的で、「演歌」を創ったのか。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    はじめに―美空ひばりは「演歌」歌手なのか?
    第1部 レコード歌謡の歴史と明治・大正期の「演歌」(近代日本大衆音楽史を三つに分ける
    明治・大正期の「演歌」 ほか)
    第2部 「演歌」には、様々な要素が流れ込んでいる(「演歌」イコール「日本調」ではない
    昭和三〇年代の「流し」と「艶歌」 ほか)
    第3部 「演歌」の誕生(対抗文化としてのレコード歌謡
    五木寛之による「艶歌」の観念化 ほか)
    第4部 「演歌」から「昭和歌謡」へ(一九七〇年代以降の「演歌」
    「演歌」から「昭和歌謡」へ ほか)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    輪島 裕介(ワジマ ユウスケ)
    1974年金沢生まれ。東京大学大学院人文社会系研究科(美学芸術学)博士課程単位取得退学。日本学術振興会特別研究員を経て、現在国立音楽大学、明治大学他非常勤講師。専攻はポピュラー音楽研究・民族音楽学・大衆文化史

創られた「日本の心」神話―「演歌」をめぐる戦後大衆音楽史(光文社新書) の商品スペック

商品仕様
出版社名:光文社
著者名:輪島 裕介(著)
発行年月日:2010/10/20
ISBN-10:4334035906
ISBN-13:9784334035907
判型:新書
対象:一般
発行形態:新書
内容:音楽・舞踏
ページ数:358ページ
縦:18cm
他の光文社の書籍を探す

    光文社 創られた「日本の心」神話―「演歌」をめぐる戦後大衆音楽史(光文社新書) [新書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!