最後の息子(文春文庫) [文庫]
    • 最後の息子(文春文庫) [文庫]

    • ¥62719ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2021年3月10日水曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009001078868

最後の息子(文春文庫) [文庫]

価格:¥627(税込)
ポイント:19ポイント(3%還元)(¥19相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2021年3月10日水曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:文藝春秋
販売開始日: 2002/08/02
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

最後の息子(文春文庫) [文庫] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    新宿でオカマの「閻魔」ちゃんと同棲して、時々はガールフレンドとも会いながら、気楽なモラトリアムの日々を過ごす「ぼく」のビデオ日記に残された映像とは…。第84回文学界新人賞を受賞した表題作の他に、長崎の高校水泳部員たちを爽やかに描いた「Water」、「破片」も収録。爽快感200%、とってもキュートな青春小説。
  • 内容(「BOOK」データベースより)

    最後の息子;破片;Water
  • 出版社からのコメント

    オカマと同棲して気楽な日々を過ごす「ぼく」のビデオ日記に残された映像とは……。とてもキュートな青春小説。文學界新人賞受賞作
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    吉田 修一(ヨシダ シュウイチ)
    1968年生まれ。高校まで長崎で過ごし上京。法政大学経営学部卒業。97年「最後の息子」で第84回文学界新人賞を受賞。同作が第117回芥川賞候補作となる。その後も「破片」「グリンピース」「Water」「突風」等の作品を次々と発表。2002年『パレード』で第15回山本周五郎賞、「パーク・ライフ」で第127回芥川賞を受賞。他の著書には『熱帯魚』がある

最後の息子(文春文庫) [文庫] の商品スペック

商品仕様
出版社名:文藝春秋
著者名:吉田 修一(著)
発行年月日:2002/08/10
ISBN-10:4167665018
ISBN-13:9784167665012
判型:文庫
対象:一般
発行形態:文庫
内容:日本文学小説
言語:日本語
ページ数:245ページ
縦:16cm
他の文藝春秋の書籍を探す

    文藝春秋 最後の息子(文春文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!