神道とは何か―神と仏の日本史(中公新書) [新書]
    • 神道とは何か―神と仏の日本史(中公新書) [新書]

    • ¥96830ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2019年12月12日木曜日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009001078954

神道とは何か―神と仏の日本史(中公新書) [新書]

価格:¥968(税込)
ポイント:30ポイント(3%還元)(¥30相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2019年12月12日木曜日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:中央公論新社
販売開始日:2012/04/25
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 79681位

神道とは何か―神と仏の日本史(中公新書) [新書] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    日本“固有”の民族宗教といわれる神道はどのように生まれ、その思想はいかに形成されたのか―。明治維新による神仏分離・廃仏毀釈以前、日本は一〇〇〇年以上にわたる神仏習合の時代だった。両部・伊勢神道を生みだした中世を中心に、古代から近世にいたる神道の形成過程を丹念にたどっていく。近代における再編以前の神をめぐるさまざまな信仰と、仏教などとの交流から浮かび上がる新しい神道の姿。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    序章 「神道」の近代
    第1章 神と仏(日本の神
    神と仏との出会い
    神仏習合の発生
    本地垂迹説の形成)
    第2章 中世神道の展開(中世神道説の濫觴
    中世神道説の形成と展開
    鎌倉仏教と中世神道
    神観念の中世的変容)
    第3章 新しき神々(人神振興と御霊信仰
    人神信仰の展開
    渡来神と習合神
    女神信仰の展開)
    第4章 国土観と神話(国土観の変遷
    中世神話と中世日本紀
    中世神話の諸相)
    第5章 近世神道へ(吉田神道
    天道思想とキリスト教
    近世神道の諸相
    国学への道)
    終章 「神道」の成立
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    伊藤 聡(イトウ サトシ)
    1961年岐阜県生まれ。早稲田大学大学院文学研究科博士課程満期退学(東洋哲学)。博士(文学)。國學院大學日本文化研究所兼任講師、早稲田大学非常勤講師などを経て、茨城大学人文学部教授。専門は日本思想史

神道とは何か―神と仏の日本史(中公新書) [新書] の商品スペック

商品仕様
出版社名:中央公論新社
著者名:伊藤 聡(著)
発行年月日:2012/04/25
ISBN-10:4121021584
ISBN-13:9784121021588
判型:B6
対象:教養
発行形態:新書
内容:宗教
ページ数:306ページ
縦:18cm

    中央公論新社 神道とは何か―神と仏の日本史(中公新書) [新書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!