可視化された帝国―近代日本の行幸啓 増補版 (始まりの本) [全集叢書]
    • 可視化された帝国―近代日本の行幸啓 増補版 (始まりの本) [全集叢書]

    • ¥3,960119ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
100000009001085627

可視化された帝国―近代日本の行幸啓 増補版 (始まりの本) [全集叢書]

価格:¥3,960(税込)
ポイント:119ポイント(3%還元)(¥119相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:みすず書房
販売開始日: 2011/11/11
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

可視化された帝国―近代日本の行幸啓 増補版 (始まりの本) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    「天皇の身体の交代は支配そのものの重大な転換を伴った」―全国各地をまわり生身の身体をさらした三代の天皇を追う。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    1 序論
    2 明治初期の巡幸
    3 明治後期の行幸と巡啓
    4 大正期の行幸と巡啓
    5 昭和初期の巡幸と行幸
    6 結論
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    原 武史(ハラ タケシ)
    1962年、東京に生まれる。早稲田大学政治経済学部を卒業後、日本経済新聞社に入社、東京社会部記者として昭和天皇の最晩年を取材。東京大学大学院博士課程中退、東京大学社会科学研究所助手、山梨学院大学助教授、明治学院大学助教授を経て、同大学国際学部教授、同付属研究所所長。専攻は日本政治思想史。著書に『「民都」大阪対「帝都」東京』(講談社選書メチエ1998、サントリー学芸賞受賞)、『大正天皇』(朝日選書2000、毎日出版文化賞受賞)、『昭和天皇』(岩波新書2008、司馬遼太郎賞受賞)、『滝山コミューン1974』(講談社2007、講談社ノンフィクション賞受賞、講談社文庫2010)など

可視化された帝国―近代日本の行幸啓 増補版 (始まりの本) の商品スペック

商品仕様
出版社名:みすず書房
著者名:原 武史(著)
発行年月日:2011/11/10
ISBN-10:4622083442
ISBN-13:9784622083443
判型:A5
対象:教養
発行形態:全集叢書
内容:日本歴史
ページ数:514ページ ※509,5P
縦:20cm
他のみすず書房の書籍を探す

    みすず書房 可視化された帝国―近代日本の行幸啓 増補版 (始まりの本) [全集叢書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!